SD-WAN Orchestrator のディザスタ リカバリ (DR) 機能を利用すると、システムやネットワークで障害が発生した場合でも、保存されたデータが失われず、SD-WAN Orchestrator サービスを再開できます。

SD-WAN Orchestrator DR では、データ複製と手動でトリガーされるフェイルオーバー メカニズムを備えたアクティブ/スタンバイの SD-WAN Orchestrator ペアを設定する必要があります。
  • そのため、目標復旧時間 (RTO) は、オペレータがスタンバイの昇格をトリガーするための明示的なアクションに依存します。
  • ただし、すべての構成が瞬時に複製されるため、目標復旧ポイント (RPO) は、復旧時間に関係なく、実質的にゼロになります。障害発生時に収集された監視データは、スタンバイの昇格を保留状態にしている Edge と Gateway にキャッシュされます。
注: DR は必須です。ライセンスと価格については、 VMware のセールス チームにお問い合わせください。

アクティブ/スタンバイのペア

SD-WAN Orchestrator DR 展開では、2 つの同一の SD-WAN Orchestrator システムがアクティブ/スタンバイ ペアとして構成されます。オペレータは、いずれかのサーバ上の Web ユーザー インターフェイスを使用して、DR の準備状況を確認できます。Edge と Gateway は両方の SD-WAN Orchestrator を認識していますが、アクティブな SD-WAN Orchestrator からの構成変更のみを受け取ることができます。また、両方のシステムに DR ハートビートを定期的に送信して、両方のサーバの可視性をレポートし、DR システムのステータスをクエリします。オペレータがフェイルオーバーをトリガーすると、次の DR ハートビートで Edge と Gateway に変化が通知されます。

DR 状態

オペレータから、または Edge と Gateway から見て、SD-WAN Orchestrator の DR 状態は次の 4 つのいずれかになります。

DR 状態 説明
スタンドアローン (Standalone) DR が構成されていません。
アクティブ (Active) DR が構成されており、プライマリ SD-WAN Orchestrator サーバとして機能しています。
スタンバイ (Standby) DR が構成されており、非アクティブ レプリカ SD-WAN Orchestrator サーバとして機能しています。
ゾンビ (Zombie) 以前は DR が構成されていてアクティブであったが、アクティブまたはスタンバイとして動作しなくなりました。

実行時の操作

DR が構成されている場合、スタンバイ サーバは制限モードで動作し、DR ステータスおよび DR ハートビートに関連するものを除き、すべての API 呼び出しをブロックします。オペレータがフェイルオーバーを起動すると、スタンバイが昇格され、スタンドアローン サーバとして完全に動作するようになります。以前アクティブであったサーバが応答し、昇格されたスタンバイから認識できる場合、そのサーバは自動的にゾンビ状態に移行します。ゾンビ状態では、管理構成サービスはブロックされ、新しいアクティブな SD-WAN Orchestrator に移行していない Edge および Gateway からのコンタクトはすべて、昇格したサーバにリダイレクトされます。

disaster-recovery-replica-and-status