Gateway がスタティック ルーティングを使用する Partner Gateway として構成されていて、それらのルートの到達可能性を追跡するように ICMP レスポンダが構成されている場合は、次のように、稼動または停止状態を示す debug.py コマンドが提供されます。

vcadmin@vcg1-example:~$ sudo /opt/vc/bin/debug.py --icmp_monitor
{
  "icmpProbe": {
    "cTag": 0, 
    "destinationIp": "0.0.0.0", 
    "enabled": false, 
    "frequencySeconds": 0, 
    "probeFail": 0, 
    "probeType": "NONE", 
    "probesSent": 0, 
    "respRcvd": 0, 
    "sTag": 0, 
    "state": "DOWN", 
    "stateDown": 0, 
    "stateUp": 0, 
    "threshold": 0
  }, 
  "icmpResponder": {
    "enabled": false, 
    "ipAddress": "0.0.0.0", 
    "mode": "CONDITIONAL", 
    "reqRcvd": 0, 
    "respSent": 0, 
    "state": "DOWN"
  }
}
vcadmin@vcg1-example:~$

ICMP レスポンダが有効になっている場合、停止状態とは Gateway に接続されている Edge がないことを意味します。