CLI コマンドを使用して Gateway コンポーネントのキャパシティを確認し、構成済みの値がサポートされている値を超えていないことを確認して、シームレスなパフォーマンスを確保します。

さまざまなコンポーネントのキャパシティと、各コンポーネントに対してサポートされている値については、次のリンクを参照してください。