オペレータ プロファイルを変更して、プロファイル設定を更新することができます。

オペレータ ポータルで、[オペレータ プロファイル (Operator Profiles)] をクリックします。

プロファイルへのリンクをクリックするか、プロファイルを選択して [アクション (Actions)] > [プロファイルの変更 (Modify Profile)] をクリックします。

選択したプロファイルの既存の設定が表示され、次の設定を構成できます。

プロファイル設定 (Profile Settings)

必要に応じて、選択したプロファイルの名前と説明を変更できます。

管理設定 (Management Settings)

SD-WAN Orchestrator の IP アドレスが表示されます。次の管理間隔を設定できます。
  • [ハートビート間隔 (Heartbeat Interval)] - SD-WAN Orchestrator から SD-WAN Edge に送信されるハートビート メッセージの間隔。デフォルト値は 30 秒で、最小間隔は 10 秒である必要があります。SD-WAN Edge が 2 つのハートビートを連続して受信しない場合、SD-WAN Edge は [停止 (Down)] としてマークされます。
    注: ハートビート間隔を変更する場合は、不要なアラートが送信されないように、[ SD-WAN Edge オフラインのアラート通知の遅延 (Edge Offline Alert Notification Delay)] 時間を適宜更新してください。
  • [タイムスライス間隔 (Timeslice Interval)] - フローに対して監視データが収集される時間間隔。
  • [統計情報のアップロード間隔 (Stats Upload Interval)] - 監視データをアップロードする時間間隔。各タイムスライスのすべてのデータは、統計情報のアップロード間隔中に収集され、アップロードされます。

SD-WAN Gateway の選択

デフォルトでは、SD-WAN Gateway の選択は動的であり、VMware SD-WAN GatewaySD-WAN Gateway プール プールから動的に選択されます。SD-WAN Gateway の選択が効率的なものになるように、SD-WAN Gateway プール が 2 つ以上の VMware SD-WAN Gateway で構成されているようにします。SD-WAN Gateway プール の詳細については、Gateway プールと Gateway の管理を参照してください。

チェックボックスを選択して、SD-WAN Gateway の選択を [静的 (Static)] に設定します。静的な SD-WAN Gateway 選択の場合は、プライマリ SD-WAN Gateway を指定する必要があります。オプションのセカンダリ SD-WAN Gateway を入力することもできます。

注: 静的な SD-WAN Gateway 選択は、テストまたはデバッグの目的でのみ使用します。 SD-WAN EdgeSD-WAN Edge 間の VPN またはパートナー ハンドオフ構成では、このオプションを使用しないでください。

アプリケーション マップの割り当て (Application Map Assignment)

デフォルトでは、最初のアプリケーション マップがオペレータ プロファイルに割り当てられます。ドロップダウン リストで使用可能な別のアプリケーション マップを選択できます。アプリケーション マップも参照してください。

ソフトウェア バージョン (Software Version)

最新のソフトウェア イメージを SD-WAN Edge にプッシュすることを選択できます。デフォルトでは、デバイスに更新は適用されません。チェックボックスを選択し、[バージョン (Version)] ドロップダウン リストからソフトウェア イメージを選択します。ソフトウェア イメージの詳細については、ソフトウェア イメージを参照してください。

[更新期間 (Update Duration)] チェックボックスを選択し、期間を分単位で入力します。このオプションを有効にすると、SD-WAN Orchestrator は、指定された期間内にエンタープライズ カスタマーに関連付けられているすべてのデバイスを更新します。

上記の設定を更新した後、[変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。