オペレータ ポータルで使用可能な Gateway のステータスと使用量データを監視できます。

Gateway を監視するには、次の手順を実行します。

手順

  1. オペレータ ポータルで、[Gateway (Gateways)] をクリックします。
  2. [Gateway (Gateways)] ページに、使用可能な Gateway のリストが表示されます。
  3. Gateway へのリンクをクリックします。選択した Gateway の詳細が表示されます。
  4. [監視 (Monitor)] タブをクリックすると、選択した Gateway の使用量データが表示されます。

結果

選択した Gateway の [監視 (Monitor)] タブには、次の詳細情報が表示されます。

ページの上部から特定の期間を選択して、選択した期間の Gateway の詳細を表示できます。

このページには、選択した期間の次のパラメータの使用量の詳細が、最小値、最大値、平均値とともにグラフで表示されます。

  • [CPU 使用率 (CPU Percentage)]:CPU の使用率 (%)。
  • [メモリ使用率 (Memory Usage)]:メモリの使用率 (%)。
  • [フロー数 (Flow Counts)]:トラフィック フローの数。
  • [ハンドオフ キューのドロップ数 (Handoff Queue Drops)]:待機中のハンドオフによってドロップされたパケット数。
  • [トンネル数 (Tunnel Count)]:IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方のトンネル セッションの数。

グラフの上にマウスを置くと、さらに詳細が表示されます。

新しい Orchestrator ユーザー インターフェイスを使用して詳細を表示することもできます。新しい Orchestrator UI を使用した Gateway の監視を参照してください。