選択したカスタマーに対して、機能を有効または無効にすることができます。

オペレータ ポータルで、[カスタマーの管理 (Manage Customers)] に移動します。

カスタマーを選択して [アクション (Actions)] > [変更 (Modify)] をクリックするか、カスタマーへのリンクをクリックします。

エンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [カスタマー (Customers)] をクリックします。

[カスタマー設定 (Customer Configuration)] ページで、[カスタマーの機能 (Customer Capabilities)] を有効または無効にします。

注: カスタマーの機能を有効にするには、関連付けられたシステム プロパティに True 値を割り当てる必要があります。詳細については、 システム プロパティを参照してください。
  • [エンタープライズ認証の有効化 (Enable Enterprise Auth)] – デフォルトでは、オペレータのみがエンタープライズの 2 要素認証を有効または無効にすることができます。この機能を有効にすると、エンタープライズ管理者は自分で 2 要素認証を構成できます。
  • [Orchestrator のファイアウォール ログ作成の有効化 (Enable Firewall logging to Orchestrator)] – エンタープライズ ユーザーが、プロファイル レベルと Edge レベルで Orchestrator のファイアウォール情報のログ作成を有効または無効にすることを許可します。ファイアウォールのログ作成が有効になっている場合は、エンタープライズ ポータルでファイアウォールのログを監視できます。
  • [レガシー ネットワークの有効化 (Enable Legacy Networks)] – エンタープライズがレガシー ネットワークを使用することを許可します。セグメントベースのオペレータ プロファイルを使用している場合は、このオプションを有効にすることはできません。
  • [プレミアム サービスの有効化 (Enable Premium Service)] – プレミアム サービスの利用を許可します。
  • [ロールのカスタマイズの有効化 (Enable Role Customization)] – エンタープライズ スーパー ユーザーが他のエンタープライズ ユーザーのロール権限をカスタマイズすることを有効または無効にします。
  • [セグメントの有効化 (Enable Segmentation)] – セグメントの構成を許可します。
  • [ステートフル ファイアウォールの有効化 (Enable Stateful Firewall)] – エンタープライズ ユーザーが、プロファイル レベルと Edge レベルでステートフル ファイアウォール機能を有効または無効にすることを許可します。
  • [新しい Orchestrator UI に [構成] セクションを表示 (Show Configuration section in the New Orchestrator UI)] – エンタープライズ カスタマーが新しい Orchestrator UI で [構成 (Configure)] タブを使用できるようにします。新しい Orchestrator UI の [構成 (Configure)] タブにアクセスするには、システム プロパティ session.options.showConfigurationInNewUI の値を [True] に設定する必要もあります。
    注: [新しい Orchestrator UI (New Orchestrator UI)] の [構成 (Configuration)] セクションはベータ版として使用できます。UI の移行が進行中であるため、ラボ環境でこの機能をオンにして、新しい UI に慣れることをお勧めします。
  • [カスタマーへの管理の委任 (Delegate Management To Customer)] - 次のオプションが常にカスタマーに表示されます。これらのオプションを有効にすると、カスタマーは設定を変更できます。
    • CoS マッピング (CoS Mapping)
    • サービスのレート制限 (Service Rate Limiting)
注: [プレミアム サービスの有効化 (Enable Premium Service)][セグメントの有効化 (Enable Segmentation)]、および [ステートフル ファイアウォールの有効化 (Enable Stateful Firewall)] はデフォルトで有効になっています。

機能を選択した後、[変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。