VMware Edge Network Intelligence は、エンタープライズ Edge に焦点を当てたベンダーに依存しない AIOps ソリューションであり、エンドユーザーと IoT(モノのインターネット)クライアントのパフォーマンス、セキュリティ、および自己修復をワイヤレス/有線 LAN、SD-WAN、および Secure Access Service Edge (SASE) により実現します。VMware Edge Network IntelligenceVMware と統合することで、SD-WAN からブランチ、キャンパス、自宅まで可視性を拡張できます。この統合によって、VMware Edge Network Intelligence は、ワイヤレス コントローラ、LAN スイッチ、ネットワーク サービス、VMware SD-WAN EdgeVMware SD-WAN HubVMware SD-WAN Gateway、アプリケーションのパフォーマンス メトリックなど、アプリケーション フローごとに異なる視点からデータを取得するのに役立ちます。詳細については、『VMware Edge Network Intelligence 構成ガイド』を参照してください。

VMware では、事前定義されているシステム プロパティを使用して、SD-WAN Orchestrator ポータルで VMware Edge Network Intelligence 機能を構成できます。オペレーター スーパー ユーザーは、システム プロパティの値を追加または変更して、SD-WAN Orchestrator で分析サービスを有効にすることができます。

次の表は、すべての VMware Edge Network Intelligence 関連のシステム プロパティを示しています。

システム プロパティ 説明 値 (Value)
session.options.enableEdgeAnalytics SD-WAN Orchestrator で分析サービスを有効にします。デフォルトでは、分析はクラウドホスト型の Orchestrator に対して有効になっています。
注: オンプレミス型の Orchestrator の場合、このシステム プロパティはデフォルトで false に設定されています。Edge Network Intelligence 機能を有効にする場合は、値を true に変更します。
true
service.analytics.apiURL 分析 API の URL。 https://integration.nyansa.com/vco/api/v0/graphql
service.analytics.apiToken 分析 API の API トークン。SD-WAN Orchestrator は、API の URL とトークンを使用してクラウド分析エンジンに接続し、分析エンジンで新しいカスタマー/SD-WAN Edge を作成します。 API トークンを取得するには、オペレータ ユーザーがサポート プロバイダに問い合わせる必要があります。サポート プロバイダへのお問い合わせ方法については、https://kb.vmware.com/s/article/53907およびhttps://www.vmware.com/support/contacts/us_support.htmlを参照してください。
service.analytics.configEndpoint 分析サービスの構成エンドポイント。 config.nyansa.com
service.analytics.analyticsEndpointStatic 分析サービスの固定 IP アドレス分析エンドポイント。 loupe-m2.nyansa.com
service.analytics.analyticsEndpointDynamic 分析サービスの動的 IP アドレス分析エンドポイント。 loupe-m.nyansa.com