このセクションでは、パートナー SD-WAN Gateway のアクティブ サブネットとバックアップ サブネットを構成する方法について説明します。

パートナー SD-WAN Gateway のサブネット

パートナー SD-WAN Gateway で構成されたサブネットは、サブネットとオプションの説明として入力されます。ルート間の重み付けを許可するための Cost フィールドが含まれています。低コストのルートは、高コストのルートより優先されます。次の図は、サブネットごとの Cost 設定を示しています。