デフォルトでは、Orchestrator は動的ルートの学習にアクティブに関与しています。VMware SD-WAN Edge と Gateway は、Orchestrator を使用して初期ルート設定を計算し、その結果を Edge および Gateway に戻します。分散コスト計算機能を使用すると、ルートのコスト計算を Edge および Gateway に分散できます。

このデフォルトの方法では、Orchestrator を動的ルート計算と Edge および Gateway へのルートの配布の両方に関与させますが、これには次の欠点があります。

  • Orchestrator が高負荷になると、ルートのコンバージェンス時間は非常に長くなります(たとえば、2000 以上のルートの場合は 40 秒にもなります)。これは、Orchestrator が同期されたすべてのルートの設定を計算し、それらの設定を Edge および Gateway に返すのに時間がかかるためです。
  • Orchestrator をルート計算に使用すると、Orchestrator に到達できない間に学習した新しい動的ルートは、Orchestrator が再び到達可能になるまで広報されません。

カスタマー エンタープライズが動的コスト計算を使用している場合、Orchestrator はルート設定の計算にアクティブに関与しなくなります。代わりに、ルートが学習されるとすぐに Edge と Gateway によって適切な順序で挿入され、Orchestrator にそれらの設定が伝達されます。

Edge と Gateway の動的コスト計算を有効にした場合、この機能には次のメリットがあります。

  • Orchestrator に到達できない場合のルート学習への影響を最小限に抑えます。
  • 数千もの動的ルートを持つ大規模なネットワークでは、ルートのコンバージェンス時間が数分から数秒に短縮されます。
  • ネットワークの遅延が大幅に短縮されます。
  • 瞬時のデータ プレーン コンバージェンスを提供します。
  • オーバーレイ フロー制御でのルートの強化された順序変更と固定をサポートします。
  • [オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] ページでルートを更新するオプションを提供します。オーバーレイ フロー制御ポリシーに変更がある場合は常に、[ルートの更新 (Refresh Routes)] オプションを使用すると、Edge または Gateway を再起動することなく、既存のルートに変更がただちに適用されます。

分散コスト計算を有効にすると、カスタマー エンタープライズ ネットワークに次のような影響を与えます。

  • すべてのローカルの動的ルートが更新され、これらのルートの設定および広報アクションが更新されます。この更新された情報は、Gateway、Orchestrator、および最終的にエンタープライズ全体に広報されます。これにより、ルーティング テーブルが更新されます。そのため、すべてのサイトのトラフィックに一時的な影響があります。
  • これらのルートを使用している既存のフローは、ルーティング エントリの変更の影響を受ける可能性があります。
注: カスタマー エンタープライズへの影響を最小限に抑えるため、分散コスト計算はメンテナンス ウィンドウで有効にすることをお勧めします。

分散コスト計算を構成するには、次の手順を実行します。

前提条件

分散コスト計算機能を有効にする前に、以下を確認してください。

  • すべての Edge と Gateway は、ソフトウェア バージョン 3.4.0 以降を使用する必要があります。
  • オペレータ プロファイルに関連付けられたソフトウェア イメージは、バージョン 3.4.0 以降を使用する必要があります。

手順

  1. オペレータ ポータルで、[カスタマーの管理 (Manage Customers)] に移動します。
  2. カスタマーを選択して [アクション (Actions)] > [変更 (Modify)] をクリックするか、カスタマーへのリンクをクリックします。
  3. エンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [カスタマー (Customers)] をクリックします。
  4. [カスタマー設定 (Customer Configuration)] ページで、[分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] チェックボックスをオンにして、ルートのコスト計算を Edge と Gateway に委任します。
    注: [分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] を有効にすると、 [分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] を無効にしない限り、3.4.0 より前のバージョンに Edge および Gateway をダウングレードすることはできません。この機能は、ネットワーク内の Edge または Gateway が 3.4.0 より前のソフトウェア バージョンを使用している場合、ネットワークでは動作しません。
  5. [NSD ポリシーの使用 (Use NSD Policy)] チェックボックスをオンにして、Edge と Gateway のルートのコスト計算に Non SD-WAN Destination ポリシーを使用します。このオプションは、ソフトウェア バージョン 4.2.0 以降を実行している Edge と Gateway でのみ使用できます。
  6. [変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。
    注: [分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] を有効にした後、 オーバーレイ フロー制御ページでルートを更新することをお勧めします。

結果

[分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] を有効にすると、分散コスト計算に基づいてすべての動的ルートに新しい設定および広報アクションが割り当てられ、新しい情報がエンタープライズ ネットワーク全体に伝達されます。

Orchestrator はルート設定の計算にアクティブに関与しなくなります。代わりに、ルートが学習されるとすぐに Edge と Gateway によって適切な順序で挿入され、Orchestrator にそれらの設定が伝達されます。

オーバーレイ フロー制御ポリシーは、制御プレーンの構成の更新で Edge と Gateway に送信されます。Edge と Gateway は、計算されたコストと広報アクションを使用してルートを Orchestrator に送信します。Edge と Gateway は、コストとルート属性に基づいてルートの順序を処理します。

ネットワーク内のすべてのルートのサマリを表示するには、エンタープライズ ポータルで [構成 (Configure)] > [オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] をクリックします。ルートと広報アクションは [オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] ページで確認できます。

[分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] を有効にすると、[オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] ページで [ルートの更新 (Refresh Routes)] オプションが使用できるようになります。

[ルートの更新 (Refresh Routes)] をクリックすると、このオプションによって、Edge と Gateway は学習されたルート コストを再計算し、その結果を Orchestrator に送信します。また、[オーバーレイ フロー制御 (Overlay Flow Control)] の変更は、新しいルートおよび既存の学習済みルートに即座に適用されます。

注: 分散コスト計算を有効にした場合と同様の ネットワークへの影響があるため、 [ルートの更新 (Refresh Routes)] はメンテナンス ウィンドウで使用することをお勧めします。

使用可能なピン留めルートがある場合は、サブネットのコスト計算をリセットできます。サブネットの [編集 (Edit)] オプションをクリックします。

[リセット (Reset)] をクリックすると、Orchestrator はピン留めされたルートをクリアし、ポリシーに基づいて選択したサブネットのコストを再計算し、結果を Edge と Gateway に送信できます。

注: [リセット (Reset)] オプションは、[分散コスト計算 (Distributed Cost Calculation)] が有効な場合にのみ使用できます。