Edge で NFV(ネットワーク機能仮想化)を有効にし、サードパーティのファイアウォールを使用して、Edge 上に VNF(仮想ネットワーク機能)をデプロイできます。

オペレータ ポータルで、[カスタマーの管理 (Manage Customers)] に移動します。

カスタマーを選択して [アクション (Actions)] > [変更 (Modify)] をクリックするか、カスタマーへのリンクをクリックします。

エンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [カスタマー (Customers)] をクリックします。

[カスタマー設定 (Customer Configuration)] ページで [Edge NFV] セクションを使用して、Edge で NFV を有効にし、カスタマーがサードパーティ製 VNF をサービスの準備ができた Edge プラットフォームにデプロイできるようにします。

現在、サービスの準備ができた Edge プラットフォーム モデルは、520v と 840 です。オペレータ ユーザーとして Edge NFV を有効にすると、カスタマーはネットワーク サービスから VNF および VNF ライセンスを構成してデプロイできます。

  • [Edge NFV の有効化 (Enable Edge NFV)] – このオプションをオンにすると、Edge に VNF をデプロイする機能が有効になります。Edge に 1 つ以上の VNF をデプロイした後は、このオプションを無効にすることはできません。
  • [セキュリティ VNF (Security VNFs)] – サードパーティ製 VNF の横にある該当するチェックボックスをオンにして、対応するセキュリティ VNF を Edge 上にデプロイします。

セキュリティ VNF を選択した後、[変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。