VMware SD-WAN Gateway は Gateway の分散ネットワークであり、世界中に、またはサービス プロバイダのオンプレミスに展開されており、拡張性、冗長性、およびオンデマンドの柔軟性を提供します。SD-WAN Gateway は、すべてのアプリケーション、ブランチ、データセンターへのデータ パスを最適化するとともに、クラウドとの間でネットワーク サービスを提供する機能も備えています。

デフォルトでは、SD-WAN Orchestrator をインストールするときに、[gateway-1] および [gateway-2] という名前の Gateway を使用できます。必要に応じて、追加の Gateway を作成できます。

オペレータ ポータルで、[Gateway (Gateways)] をクリックします。

[Gateway (Gateways)] ウィンドウには、既存の Gateway と次のオプションが表示されます。

  • [検索 (Search)]:特定の詳細を検索するための用語を入力します。ドロップダウンの矢印をクリックすると、特定の条件によってビューをフィルタリングできます。
  • [列 (Cols)]:ビューで表示または非表示にする列をクリックして選択します。
  • [表示のリセット (Reset View)]:クリックしてビューをデフォルト設定にリセットします。
  • [更新 (Refresh)]:クリックして表示される詳細を最新のデータで更新します。
  • [CSV]:クリックしてデータを CSV 形式でダウンロードします。

Gateway の表には、次の詳細情報が表示されます。

説明
Gateway (Gateways) Gateway の名前
状態 (Status)
mgd によって Orchestrator に送信された定期的なハートビートの成功または失敗を反映し、データ プレーンと制御プレーンの状態を示すものではありません。次のような状態があります。
  • [接続中 (Connected)]:Gateway は Orchestrator に正常にハートビートを送信しています。
  • [低下 (Degraded)]:Orchestrator は 1 分以上 Gateway からメッセージを受け取っていません。
  • [オフライン (Offline)]:Orchestrator は 2 分以上 Gateway からメッセージを受け取っていません。
CPU 最後のハートビートの時点でのシステム内のすべてのコアの平均 CPU 使用率。
メモリ (Memory) 最後のハートビートの時点で psutil.phymem_usage によって報告された、システム内のすべてのプロセスによる物理メモリの使用率。これは、[free] コマンドを使用したメモリ使用率の見積りに似ています。
Edge (Edges) 最後のハートビートの時点で Gateway に接続されている Edge の数。
注: Edge の数の横にある [表示 (View)] をクリックして、Gateway に割り当てられているすべての Edge と、Orchestrator での Edge のオンライン/オフライン ステータスを表示します。このオプションでは、Gateway に実際に接続されている Edge は表示されません。
サービスの状態 (Service State) Gateway のユーザーが構成したサービス状態と、新しい Edge に割り当てる資格があるかどうかを示します。
Super Gateway Gateway が [Super] Gateway として選択されているカスタマーの数。これは、すべての Edge の共通ルート リフレクタです。
セキュア VPN Gateway (Secure VPN Gateway) Gateway でセキュア VPN Gateway が有効になっているかどうかを表示します。これにより、Gateway を Non SD-WAN Destination トンネルを開始するためのエンドポイントとして選択できます。
Partner Gateway この Gateway で Partner Gateway が有効になっているかどうかを表示します。これにより、Gateway を Edge の Partner Gateway として割り当てることができます。
証明書 (Certificates) PKI が有効になっている場合は、生成された証明書を表示できます。
IP アドレス (IP Address) Edge のパブリック WAN リンクが Gateway への接続に使用するパブリック IP アドレス。この IP アドレスは、Gateway を一意に識別するために使用されます。Gateway が IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方に対応できる場合、この列には両方の IP アドレスが表示されます。
プール (Pools) Gateway が含まれている Gateway プールのリストを表示します。
カスタマー (Customers) Gateway を割り当てられているカスタマーのリストを表示します。
バージョン (Version) 最後のハートビートの時点で Gateway で実行されているソフトウェアのバージョン番号を表示します。
ビルド (Build) 最後のハートビートの時点で Gateway で実行されているソフトウェアの完全な文字列。
場所 (Location) GeoIP(デフォルト)またはユーザーによって手動で入力された Gateway の場所。これは、Gateway の Edge への地理的な割り当てに使用され、検証が必要です。
管理対象 Gateway (Managed Gateway) Gateway にパートナーによって管理される資格があるか、オペレータのみが管理できるかを示します。

[アクション (Actions)] をクリックして、次のアクティビティを実行します。

  • [新規 Gateway (New Gateway)]:新しい Gateway を作成します。新しい Gateway の作成を参照してください。
  • [Gateway の削除 (Delete Gateway)]:選択した Gateway を削除します。パートナーまたはエンタープライズ カスタマーによってすでに使用されている Gateway を削除することはできません。
  • [Bastion にステージング (Stage to Bastion)]:Gateway を Bastion Orchestrator にステージングします。
  • [Bastion からステージング解除 (Unstage from Bastion)]:Gateway を本番環境の Orchestrator から削除します。
    注: [Bastion にステージング (Stage to Bastion)] および [Bastion からステージング解除 (Unstage from Bastion)] オプションは、 session.options.enableBastionOrchestrator システム プロパティを使用して Bastion Orchestrator 機能が有効になっている場合にのみ使用できます。

    詳細については、『Bastion Orchestrator 構成ガイド』を参照してください。この文書はhttps://docs.vmware.com/jp/VMware-SD-WAN/index.htmlで入手できます。

  • [サポート リクエスト (Support Request)]:サポート リクエストの提出方法についての説明にリダイレクトします。