[オペレータ ユーザー (Operator Users)] ページには、既存のオペレータ ユーザーが表示されます。オペレータ スーパー ユーザーは、異なるロール権限を持つ新しいオペレータ ユーザーを作成することができ、各オペレータ ユーザーの API トークンを構成できます。

オペレータ ポータルで [オペレータ ユーザー (Operator Users)] をクリックして、次の設定を構成できます。

[アクション (Actions)] をクリックして、次のアクティビティを実行します。

  • [新規オペレータ (New Operator)]:新しいオペレータ ユーザーを作成します。新しいオペレータ ユーザーの作成を参照してください。
  • [Bastion にステージング (Stage to Bastion)]:オペレータ ユーザーを Bastion Orchestrator にステージングします。
  • [Bastion からステージング解除 (Unstage from Bastion)]:オペレータ ユーザーを本番環境の Orchestrator から削除します。
    注: [Bastion にステージング (Stage to Bastion)] および [Bastion からステージング解除 (Unstage from Bastion)] オプションは、 session.options.enableBastionOrchestrator システム プロパティを使用して Bastion Orchestrator 機能が有効になっている場合にのみ使用できます。

    詳細については、『Bastion Orchestrator 構成ガイド』を参照してください。この文書はhttps://docs.vmware.com/jp/VMware-SD-WAN/index.htmlで入手できます。

  • [オペレータの変更 (Modify Operator)]:選択したオペレータ ユーザーのプロパティを変更します。また、ユーザー名へのリンクをクリックしてプロパティを変更することもできます。オペレータ ユーザーの構成を参照してください。
  • [パスワードのリセット (Password Reset)]:選択したユーザーに、パスワードをリセットするためのリンクが記載された E メールを送信します。
  • [オペレータの削除 (Delete Operator)]:選択したユーザーを削除します。