デフォルト Gateway プールのほかに、Gateway プールを作成してエンタープライズ カスタマーに関連付けることもできます。

パートナー ポータルで、[Gateway プール (Gateway Pools)] をクリックします。

手順

  1. [Gateway プール (Gateway Pools)] ページで [アクション (Actions)] > [新規 Gateway プール (New Gateway Pool)] をクリックします。
  2. [新規 Gateway プール (New Gateway Pool)] ウィンドウで、次の詳細を構成します。
    1. [名前 (Name)]:新しい Gateway プールの名前を入力します。
    2. [説明 (Description)]:Gateway プールの説明を入力します。
    3. [Partner Gateway Hand Off]:このオプションは、Gateway をパートナーにハンドオフする方法を決定します。ドロップダウン リストから、次のいずれかのオプションを選択します。
      • [なし (None)]:Partner Gateway Hand Off が不要な場合は、このオプションを選択します。
      • [許可 (Allow)]:Gateway プールで Partner Gateway と Cloud Gateway の両方の組み合わせをサポートできるようにする場合は、このオプションを選択します。
      • [Partner Gateway のみ (Only Partner Gateways)]:エンタープライズ内の Edge を、プールからの Cloud Gateway に割り当てるのではなく、個々の Edge に設定されている Gateway にのみ割り当てる場合は、このオプションを選択します。
    4. [関連付けのタイプ (Association Type)]:Gateway プールで IPv4 アドレスを有効にするか、IPv4 アドレスと IPv6 アドレスの両方を有効にするかを選択します。
      注: [関連付けのタイプ (Association Type)] を選択して Gateway プールを作成すると、オプションを変更することはできません。IPv6 サポートで Edge を使用する場合は、 [IPv4 と IPv6 (IPv4 and IPv6)] オプションを選択します。
  3. [作成 (Create)] をクリックします。

次のタスク

Gateway をプールに追加して、Gateway プールを構成します。Gateway プールの構成を参照してください。