サービス アクセスでは、カスタマーがアクセスできるサービスを構成できます。

サービス アクセスを構成するには、次の手順を実行します。

手順

  1. パートナー ポータルで、[カスタマーの管理 (Manage Customers)] に移動します。
  2. カスタマーを選択して [アクション (Actions)] > [変更 (Modify)] をクリックするか、カスタマーへのリンクをクリックします。
  3. エンタープライズ ポータルで、[構成 (Configure)] > [カスタマー (Customers)] をクリックします。
  4. [カスタマー設定 (Customer Configuration)] ページで、選択したカスタマーに関連付けられている既存のサービスが [サービス アクセス (Service Access)] セクションに表示されます。必要に応じて、設定を変更できます。
    • [SD-WAN]:カスタマーが SD-WAN サービスにアクセスできます。このサービスを選択すると、次のオプションを使用できます。
      オプション 説明
      デフォルトの Edge 認証 (Default Edge Authentication)

      ドロップダウン リストから、カスタマーに関連付けられている Edge を認証するためのデフォルトのオプションを選択します。

      • [証明書が無効 (Certificate Disabled)]:Edge は認証の事前共有キー モードを使用します。
      • [証明書の取得 (Certificate Acquire)]:このオプションはデフォルトで選択されており、Edge にキー ペアを生成して Orchestrator に証明書署名リクエストを送信することによって、SD-WAN Orchestrator の認証局から証明書を取得するように指示します。証明書を取得すると、Edge は、証明書を使用して SD-WAN Orchestrator に認証し、VCMP トンネルを確立します。
        注: 証明書を取得した後、オプションを [証明書が必要 (Certificate Required)] に更新することができます。
      • [証明書が必要 (Certificate Required)]:Edge は PKI 証明書を使用します。オペレータは、システム プロパティを使用して Gateway の証明書更新時間枠を変更できます。
      Edge ライセンス 既存の Edge ライセンスが表示されます。[変更 (Modify)] をクリックしてライセンスを追加または削除します。
      注: ライセンス タイプは、複数の Edge で使用できます。カスタマーのエディションとリージョンに合わせるには、カスタマーがすべてのタイプのライセンスにアクセスできるようにすることをお勧めします。
    • [Edge Network Intelligence]:このオプションは、SD-WAN が選択されている場合にのみ選択できます。このサービスを選択すると、[Edge Network Intelligence の構成 (Edge Network Intelligence Configuration)] を使用できます。分析 Edge としてプロビジョニングできる Edge の最大数を、[ノード (Nodes)] フィールドに入力します。デフォルトでは、[制限なし (Unlimited)] が選択されています。
      注: このオプションは、 SD-WAN Orchestrator で分析機能が有効になっている場合にのみ使用できます。
    • [Cloud Web Security]:このサービスは、SASE PoP Gateway プールが選択されている場合にのみ選択できます。Cloud Web Security は、SaaS およびインターネット アプリケーションにアクセスするユーザーとインフラストラクチャを保護するクラウド ホスト型サービスです。詳細については、『VMware Cloud Web Security 構成ガイド』を参照してください。
    • [Secure Access]:このオプションを選択すると、Secure Access ソリューションが有効になります。これにより、VMware SD-WANWorkspace ONE サービスが組み合わせられて、世界中のマネージド サービス ノードのネットワークを介して、一貫性のある、最適化されたセキュアなクラウド アプリケーション アクセスが提供されます。Secure Access をプロビジョニングする際に使用される [PoP の最大数 (Maximum number of PoPs)] を入力します。詳細については、『VMware Secure Access 構成ガイド』を参照してください。
    [一般的な構成 (General Configuration)] で、Orchestrator のシングル サインオン (SSO) 認証を有効にするために使用するドメイン名を入力します。これは、カスタマーに対して Edge Network Intelligence を有効化するためにも必要となります。
  5. [変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。