802.1ad デバイスでは外部タグ EtherType に 0x88A8 が含まれることはないものと思われます。それらのデバイスとの相互運用を確保するため、user data で特別な変更が必要です。

たとえば、管理 VRF が S-Tag: 20 と C-Tag: 100 を使用して構成されている場合は、/etc/config/gatewayd の vrf_vlan セクションを次のように編集します。また、resp_mode を 1 に定義して SD-WAN Gateway のチェック レベルを緩和し、外部ヘッダーに値が 0x8100 の間違った EtherType が含まれているイーサネット フレームが許可されるようにします。