一部のインストール環境では、Gateway に対して、異なるインターフェイス タイプを組み合わせて効果的に使用することができます。これは通常、SR-IOV を使用せずに OAM を実行する場合に有効です。そのようなカスタム構成では、インターフェイスが順不同で起動されるようになるので、追加の手順を実行する必要があります。

  1. 各インターフェイスの MAC アドレスをメモします。

    [VMware]:マシンを作成したら、[設定の編集 (Edit Settings)] に移動して、MAC アドレスをコピーします。

    vcg-edit-settings-new-network

    [KVM]:仮想マシンを定義したら、次のコマンドを実行します。

    vcg-kvm-command