診断バンドルを使用すると、ユーザーはすべての構成ファイルとログ ファイルを特定の VMware SD-WAN Gateway から統合された Zip ファイルに収集できます。診断バンドルで使用可能なデータは、SD-WAN Gateway のトラブルシューティング目的で使用できます。

パートナー スーパー ユーザーとパートナー管理者ユーザーの両方が、パートナー管理 Gateway の診断を実行できます。要求および表示できるのは、パートナー ユーザーが作成した Gateway またはオペレータが作成したパートナー管理 Gateway の診断バンドルのみです。

パートナー ポータルで、[Gateway 診断バンドル (Gateway Diagnostic Bundles)] をクリックします。

診断バンドルを生成するには、次の手順を実行します。

  1. [診断バンドルの要求 (Request Diagnostic Bundle)] をクリックします。
  2. [診断バンドルの要求 (Request Diagnostic Bundle)] ウィンドウで、次のように構成します。

    • [ターゲット (Target)] - ドロップダウン リストからターゲットの Gateway を選択します。選択したパートナー Gateway からデータが収集されます。
    • [生成の理由 (Reason for Generation)] - オプションとして、バンドルを生成する理由を入力できます。
    • 必要に応じて、[詳細 (Advanced)] ボタンをクリックします。[コア制限 (Core Limit)] ドロップダウン リストが表示され、リストから値を選択できます。このコア制限は、インターネット接続で問題が発生した場合にアップロードされるバンドルのサイズを削減するために使用されます。
  3. [送信 (Submit)] をクリックします。

[Gateway 診断バンドル (Gateway Diagnostic Bundles)] ウィンドウには、生成されるバンドルの詳細とステータスが表示されます。

生成されたバンドルをダウンロードするには、[完了 (Complete)] リンクをクリックするか、バンドルを選択して [アクション (Actions)] > [診断バンドルのダウンロード (Download Diagnostic Bundles)] をクリックします。バンドルは ZIP ファイルとしてダウンロードされます。

注: [診断バンドルの要求 (Request Diagnostic Bundle)] オプションは、Gateway 管理アクセスが有効なパートナーのみが使用できます。Gateway 管理アクセスが無効化されている場合、パートナーは生成された診断バンドルのみを表示できます。新しい診断バンドルを要求したり、生成されたバンドルをダウンロードしたりすることはできません。

完了したバンドルは、[クリーンアップ日 (Cleanup Date)] 列に表示された日付で自動的に削除されます。[クリーンアップ日 (Cleanup Date)] へのリンクをクリックして日付を変更することができます。

[クリーンアップ日の更新 (Update Cleanup Date )] ウィンドウで、選択したバンドルを削除する日付を選択します。

バンドルを保持するには、[永続的に保持 (Keep Forever)] チェックボックスをオンにして、バンドルが自動的に削除されないようにします。

バンドルを手動で削除するには、バンドルを選択して [アクション (Actions)] > [診断バンドルの削除 (Delete Diagnostic Bundles)] をクリックします。