[スタティック ルート設定 (Static Route Settings)] は、既存ネットワークに接続されるプリンタなどのデバイスにスタティック ルートが必要になる特別なケースに役立ちます。Edge のスタティック ルート設定を追加または削除できます。

スタティック ルートの設定を行うには、次の手順を実行します。

  1. エンタープライズ ポータルで、[設定 (Configure)] > [Edge (Edges)] をクリックします。
  2. Edge の横の [デバイス (Device)] アイコンをクリックするか、Edge へのリンクをクリックしてから [デバイス (Device)] タブをクリックします。
  3. [デバイス (Device)] タブで、[スタティック ルート設定 (Static Route Settings)] セクションまで下にスクロールします。
  4. [IPv4] タブで、IPv4 アドレスのスタティック ルートを設定できます。

    [IPv6] タブをクリックすると、IPv6 アドレスのスタティック ルートを設定できます。

    次のように設定します。

    オプション 説明
    サブネット (Subnet)

    広報するスタティック ルート サブネットの IPv4 または IPv6 アドレスを入力します。

    IPv6 サブネットは、次のアドレス形式をサポートします。
    • IPv6 のグローバル ユニキャスト アドレス (2001:CAFE:0:2::1)
    • IPv6 の一意のローカル アドレス (FD00::1234:BEFF:ACE:E0A4)
    • IPv6 デフォルト (::/0)
    送信元 IP アドレス (Source IP) 選択した VLAN の対応する IPv4 または IPv6 アドレスを入力します。このオプションは、[VLAN] チェックボックスをオンにした場合にのみ使用できます。
    ネクスト ホップ (Next Hop)

    スタティック ルートのネクスト ホップ IPv4 または IPv6 アドレスを入力します。

    IPv6 ネクスト ホップは、次のアドレス形式をサポートします。

    • IPv6 のグローバル ユニキャスト アドレス (2001:CAFE:0:2::1)
    • IPv6 の一意のローカル アドレス (FD00::1234:BEFF:ACE:E0A4)
    • IPv6 リンクローカル アドレス (FE80::1234:BEFF:ACE:E0A4)
    インターフェイス (Interface) スタティック ルートがバインドされる WAN インターフェイスを選択します。
    VLAN チェックボックスをオンにし、VLAN ID を入力します。
    コスト (Cost) ルートに加重を適用するためのコストを入力します。範囲は 0 ~ 255 です。
    優先 (Preferred)

    コストの低い VPN ルートが使用可能な場合でも、最初にスタティック ルートと一致させるには、このチェックボックスをオンにします。このオプションをオンにしない場合、VPN ルートのコストがスタティック ルートよりも高い場合でも、任意の使用可能な VPN ルートが一致します。

    スタティック ルートは、対応する VPN ルートが使用できない場合にのみ一致します。

    注: このオプションは、IPv6 アドレス タイプでは使用できません。
    広報 (Advertise)

    VPN 経由でルートを広報するには、このチェックボックスをオンにします。ネットワーク内の他の Edge がリソースにアクセスできます。このオプションは、テレワークをしている社員個人のプリンタなどのプライベート リソースがスタティック ルートとして設定されており、他のユーザーがリソースにアクセスできないようにする必要がある場合は選択しないでください。このオプションは、[優先 (Preferred)] オプションをオフにするとアクティベーション解除されます。

    注: このオプションは、IPv6 アドレス タイプでは使用できません。
    ICMP プローブ (ICMP Probe)

    ドロップダウン リストから ICMP プローブを選択します。SD-WAN Edge は ICMP プローブを使用して、特定の IP アドレスへの到達可能性を確認し、IP アドレスに到達できない場合はフェイルオーバーするように通知します。

    注: このオプションは、IPv6 アドレス タイプではサポートされていません。
    説明 (Description) スタティック ルートの説明(オプション)を入力します。

    また、NSD スタティック ルートを設定することもできます。NSD スタティック ルートは [ネットワーク サービス (Network Services)] で設定され、IPv4 アドレスの [スタティック ルート設定 (Static Route Settings)] セクションに一覧表示されます。[コスト (Cost)]、[優先 (Preferred)]、[広報 (Advertise)] オプションなどの追加フラグを編集できます。[Gateway] 列は、Gateway 経由の NSD スタティック ルートについてのみ更新されます。Gateway からの NSD スタティック ルートの [広報 (Advertise)] オプションを編集することはできません。

  5. [デバイス (Devices)] タブで [変更の保存 (Save Changes)] をクリックします。