Edge レベルで、新しい VLAN を追加したり、関連付けられているプロファイルから継承された既存の VLAN 設定を更新したりできます。Edge レベルで新しい VLAN を設定する際に、SD-WAN Orchestrator では、固定 IP アドレス、LAN インターフェイス、Wi-Fi インターフェイスのサービス セット識別子 (SSID) など、追加の Edge 固有の VLAN を設定できます。

Edge の VLAN 設定を行うには、次の手順を実行します。
  1. エンタープライズ ポータルで、[設定 (Configure)] > [Edge (Edges)] をクリックします。
  2. Edge の横の [デバイス (Device)] アイコンをクリックするか、Edge へのリンクをクリックしてから [デバイス (Device)] タブをクリックします。
  3. [デバイス (Device)] タブで、[VLAN の設定 (Configure VLAN)] セクションまでスクロールします。

VLAN を追加または編集して、VLAN に複数のセカンダリ IP アドレスを追加できます。

VLAN の追加

VLAN を追加するには、[VLAN の追加 (Add VLAN)] をクリックします。

次の設定を行います。

表 1.
オプション 説明
セグメント (Segment) ドロップダウン リストからセグメントを選択します。VLAN は、選択したセグメントに属します。
VLAN 名 (VLAN Name) VLAN の一意の名前を入力します。
VLAN ID (VLAN Id) VLAN ID を入力します。
重複するサブネットの割り当て (Assign Overlapping Subnets)

LAN の IP アドレス指定は、Edge の割り当てられたプロファイルから管理されます。このチェックボックスをオンにすると、[Edge の LAN IP アドレス (Edge LAN IP Address)][CIDR プレフィックス (Cidr Prefix)]、および [DHCP] の値が関連付けられたプロファイルから継承され、読み取り専用になります。[ネットワーク (Network)] アドレスは、サブネット マスクと CIDR 値に基づいて自動的に設定されます。

注: VLAN の重複するサブネットは、SD-WAN から SD-WAN へのトラフィックおよび SD-WAN からインターネットへのトラフィックでのみサポートされます。SD-WAN から Cloud Web Security へのトラフィックでは、重複するサブネットはサポートされていません。
Edge の LAN IP アドレス (Edge LAN IP Address) Edge の LAN IP アドレスを入力します。
CIDR プレフィックス (Cidr Prefix) LAN IP アドレスの CIDR プレフィックスを入力します。
ネットワーク (Network) ネットワークの IP アドレスを入力します。
広報 (Advertise) VLAN をネットワーク内の他のブランチに広報するには、このチェックボックスをオンにします。
ICMP エコー応答 (ICMP Echo Response) VLAN が ICMP のエコー メッセージに応答できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。
VNF 挿入 (VNF Insertion) VLAN に VNF を挿入するには、このチェックボックスをオンにします。これにより、VLAN から VNF にトラフィックがリダイレクトされます。VNF 挿入を有効にするには、選択したセグメントがサービス VLAN にマッピングされていることを確認します。
マルチキャスト (Multicast) このオプションは、Edge にマルチキャストを設定している場合にのみ有効になります。VLAN の次のマルチキャストを設定できます。
  • IGMP
  • PIM
[詳細なマルチキャスト設定の切り替え (toggle advanced multicast settings)] をクリックして、タイマーを設定します。
  • PIM Hello タイマー (PIM Hello Timer)
  • IGMP ホストのクエリ間隔 (IGMP Host Query Interval)
  • IGMP クエリ応答の最大値 (IGMP Max Query Response Value)
固定 IP アドレス (Fixed IPs) VLAN の特定の MAC アドレスに関連付けられた IP アドレスを入力します。
LAN インターフェイス (LAN Interfaces) VLAN の LAN インターフェイスを設定します。
SSID VLAN の Wi-Fi SSID の詳細を設定します。
DHCP タイプ (DHCP Type) 次のいずれかの DHCP 設定を選択してください。
[有効 (Enabled)]:Edge を DHCP サーバにして DHCP を有効にします。次の詳細を設定します。
  • [DHCP 先頭 IP アドレス (DHCP Start)]:サブネット内で使用可能な有効な IP アドレスを入力します。
  • [アドレスの数 (Num. Addresses)]:DHCP サーバのサブネットで使用可能な IP アドレスの数を入力します。
  • [リース時間 (Lease Time)]:ドロップダウン リストから期間を選択します。VLAN が DHCP サーバによって動的に割り当てられた IP アドレスを使用できる期間です。
  • [オプション (Options)]:ドロップダウン リストから事前定義済みまたはカスタムの DHCP オプションを追加します。DHCP オプションは、DHCP サーバからクライアントに渡されるネットワーク サービスです。カスタム オプションには、コード、データ タイプ、および値を入力します。
[リレー (Relay)]:リモートの場所にインストールされた DHCP リレー エージェントを使用して DHCP を有効にします。このオプションを選択した場合は、次の設定を行います。
  • [セカンダリ IP アドレスからの送信元 (Source from Secondary IP(s))]:このチェックボックスをオンにすると、クライアントからの DHCP 検出/要求パケットは、VLAN に設定されたプライマリ IP アドレスとすべてのセカンダリ IP アドレスから提供された DHCP リレー サーバにリレーされます。送信元と宛先の書き換え後、DHCP リレー サーバからの応答がクライアントに返されます。DHCP サーバは、プライマリとセカンダリの両方の IP アドレスから要求を受信します。DHCP クライアントは、プライマリ サブネットとセカンダリ サブネットから複数のサービスを取得できます。

    このオプションが選択されていない場合、クライアントからの DHCP 検出/要求パケットは、プライマリ IP アドレスからのみ提供される DHCP リレー サーバにリレーされます。

  • [リレー エージェントの IP アドレス (Relay Agent IP(s))]:リレー エージェントの IP アドレスを指定します。さらに IP アドレスを追加するには、プラス ([+]) アイコンをクリックします。

[無効 (Not Enabled)]:DHCP を無効にします。

OSPF このオプションは、Edge に OSPF を設定している場合にのみ有効になります。チェックボックスを選択し、ドロップダウン リストから OSPF を選択します。

必要なパラメータを設定した後、[VLAN の追加 (Add VLAN)] をクリックします。

VLAN の編集

プロファイルから継承された既存の VLAN 設定を更新するには、VLAN に対応する [編集 (Edit)] リンクをクリックします。

[Edge 固有設定の上書きを有効化 (Enable Edge Override)] チェックボックスをクリックして、プロファイルから継承された VLAN 設定を上書きします。

注: プロファイルの VLAN 名と ID をオーバーライドすることはできません。

必要なパラメータを変更した後、[VLAN の更新 (Update VLAN)] をクリックします。

プロファイル レベルで VLAN を設定する方法については、プロファイルの VLAN の設定を参照してください。

セカンダリ IP アドレス

VLAN はプライマリ IP アドレスで設定されます。VLAN にセカンダリ IP アドレスを追加して、ネットワーク セグメントのホスト アドレスの数を増やすことができます。VLAN にセカンダリ IP アドレスを追加するには、[セカンダリ IP アドレスの追加 (Add Secondary IP)] をクリックします。

[セカンダリ IP アドレスの追加 (Add Secondary IP)] ウィンドウで、ドロップダウン リストから VLAN を選択し、[次へ (Next)] をクリックします。

次の設定を行います。

オプション 説明
アドレス指定のタイプ (Addressing Type) デフォルトでは、アドレス指定のタイプは [静的 (Static)] で、タイプを変更することはできません。
IP アドレス (IP Address) 選択した VLAN のセカンダリ IP アドレスを入力します。
CIDR プレフィックス (Cidr Prefix) IP アドレスの CIDR プレフィックスを入力します。
ネットワーク (Network) セカンダリ IP アドレスと CIDR プレフィックスから自動的に生成されるネットワークの IP アドレスが表示されます。
広報 (Advertise) VLAN のセカンダリ IP アドレス ネットワークをネットワーク内の他のブランチに広報するには、このチェックボックスをオンにします。
ICMP エコー応答 (ICMP Echo Response) セカンダリ IP アドレスを持つ VLAN が ICMP のエコー メッセージに応答できるようにするには、このチェックボックスをオンにします。
VLAN にさらに IP アドレスを追加するには、プラス ( [+]) アイコンをクリックします。
注: VLAN には、最大 16 個のセカンダリ IP アドレスを追加できます。

[OK] をクリックします。

[デバイス (Device)] タブで [変更の保存 (Save Changes)] をクリックして、設定を保存します。