双方向フォワーディング検出 (BFD) は、よく知られているルーティング プロトコルの検出コンポーネントと同様のシンプルな Hello プロトコルです。システムのペアによって、2 つのシステム間の各パスに BFD パケットが定期的に送信されます。一方のシステムが BFD パケットを一定の期間受信しなくなった場合、隣接するシステムは失敗したとみなされます。

BFD を使用するアプリケーションのニーズに基づいて、BFD セッションが確立されます。BFD に検出メカニズムがないため、ユーザーは BFD セッションのアドレスとパラメータを明示的に設定する必要があります。また、セッションのサブスクライバ/アプリケーション (BGP/OSPF) を設定する必要もあります。

BGP や OSPF などのルーティング プロトコルは、Edge とルーター間で学習したルートを交換します。これらのプロトコルは、独自のメカニズムを使用してルートを交換し、ルートの障害を検出します。通常、ルートの障害はキープアライブ メカニズムによって検出されます。この場合、1 つのエンティティが頻繁に設定された間隔(キープアライブ時間)でその他のエンティティをエコーします。これらのルーティング プロトコルにはより高いキープアライブ タイマーがあり、これにより、ルート障害の検出に時間がかかります。BFD は、障害検出のオーバーヘッドを低減させて、接続されている 2 つのエンティティ間のルート障害をより迅速に検出します。

ルーティング プロトコルを使用した BFD の実装には、次のようなメリットがあります。

  • 再コンバージェンス時間の短縮による迅速なルート障害検出。
  • ルート障害検出のオーバーヘッドの低減。
  • ルーティング プロトコル間でのルート障害検出の均一な速度。

BFD は、シンプルなサービスとして定義できます。BFD によって提供されるサービス プリミティブは、宛先アドレスおよびその他のパラメータを指定して、セッションを作成、削除、および変更します。代わりに BFD は、BFD セッションが起動または停止したことを示すシグナルをクライアントに送信します。

BFD には、非同期モードとデマンド モードの 2 つの操作モードがあります。VMware は非同期モードをサポートします。このモードでは、システムは BFD 制御パケットを他のシステムに定期的に送信します。1 行の複数のパケットがシステムによって受信されない場合は、セッションが切断されていると宣言されます。

VMware は、次のルーティング プロトコルの BFD をサポートしています。

  • Edge と Partner Gateway 上の BGP
  • Edge 上の OSPF