VMware SD-WAN Orchestrator のデータ保持ポリシーについて説明します。

SD-WAN データ保持

SD-WAN データ システム プロパティ デフォルト 最大値 4.0 より前のリリース

エンタープライズ イベント

retentionWeeks.enterpriseEvents

40 週間

1 年間

40 週間

エンタープライズ アラート

該当なし

40 週間

1 年間

ポリシーなし

オペレータ イベント

retentionWeeks.operatorEvents

40 週間

1 年間

40 週間

エンタープライズ プロキシ イベント

retentionWeeks.proxyEvents

40 週間

1 年間

40 週間

ファイアウォールのログ

retentionWeeks.firewallLogs

非サポート

非サポート

40 週間

リンク統計情報

retentionWeeks.linkStats

40 週間

1 年間

40 週間

リンク QoE

retentionWeeks.linkQuality

40 週間

1 年間

40 週間

パス統計情報

該当なし

2 週間

2 週間

該当なし

フロー統計情報

retention.lowResFlows.months

retention.highResFlows.days

1 年間:1 時間のロールアップ

2 週間:5 分

1 年間:1 時間のロールアップ

3 か月:5 分

1 年間(ロールアップあり)

Edge 統計情報

retentionWeeks.edgeStats

2 週間

2 週間

ポリシーなし

重要な注意事項

4.0 リリース フロー統計情報のデフォルトは、アップグレード後のフロー統計情報の保持に適用されます。フロー統計情報の保持の値を設定するには、以下の手順に従ってください。リリース 3.3 および 3.4 ​​のフロー統計情報に関連するシステム プロパティは、4.0 リリースへのアップグレード時に廃止されます。

フロー統計情報の保持期間の変更

オペレータは、新しいシステム プロパティを作成することで保持期間を変更できます。以下の手順に従って、高解像度および低解像度の保持期間の新しいシステム プロパティを日数または月数で作成します。

[高解像度の保持期間]

高解像度のフロー統計情報の保持は、1 ~ 90 日間の期間となるように設定できます。以下の手順に従って、高解像度の保持期間の新しいシステム プロパティを作成します。

  1. SD-WAN Orchestrator ナビゲーション パネルで、[システム プロパティ (System Properties)] をクリックします。
  2. [システム プロパティ (System Properties)] 画面で、[新規システム プロパティ (New System Properties)] ボタンをクリックします。
  3. [新規システム プロパティ (New System Properties)] ダイアログ ボックスで、次のようにします。
    1. [名前 (Name)] テキスト フィールドに、「retention.highResFlows.days」と入力します。
    2. [データ タイプ (Data Type)] ドロップダウン メニューで、[数値 (Number)] を選択します。
    3. [値 (Value)] テキスト フィールドに、保持期間を日数単位で入力します。
      注: 高解像度の保持期間は最大 90 日で、解像度は 5 分です。

  4. [保存 (Save)] をクリックします。

[低解像度の保持期間]

低解像度のフロー統計情報は、1 ~ 365 日間の期間で維持されるように設定できます。以下の手順に従って、低解像度の保持期間の新しいシステム プロパティを作成します。
  1. SD-WAN Orchestrator ナビゲーション パネルで、[システム プロパティ (System Properties)] をクリックします。
  2. [システム プロパティ (System Properties)] 画面で、[新規システム プロパティ (New System Properties)] ボタンをクリックします。
  3. [新規システム プロパティ (New System Properties)] ダイアログ ボックスで、次のようにします。
    1. [名前 (Name)] テキスト フィールドに、「retention.lowResFlows.months」と入力します。
    2. [データ タイプ (Data Type)] ドロップダウン メニューで、[数値 (Number)] を選択します。
    3. [値 (Value)] テキスト フィールドに、保持期間を月数単位で入力します。
      注: 低解像度の保持期間は最大 1 年間で、解像度は 1 時間です。

  4. [保存 (Save)] をクリックします。

フロー統計情報のクエリ間隔の変更

オペレータが 2 週間を超えるフロー統計情報を表示したい場合は、システム プロパティ「session.options.maxFlowstatsRetentionDays」を有効にする必要があります。このシステム プロパティを有効にする方法については、次のセクションを参照してください。

  1. SD-WAN Orchestrator ナビゲーション パネルで、[システム プロパティ (System Properties)] をクリックします。
  2. [システム プロパティ (System Properties)] 画面で、[新規システム プロパティ (New System Properties)] ボタンをクリックします。
  3. [新規システム プロパティ (New System Properties)] ダイアログ ボックスで、次のようにします。
    1. [名前 (Name)] テキスト フィールドに、「session.options.maxFlowstatsRetentionDays」と入力します。
    2. [データ タイプ (Data Type)] ドロップダウン メニューで、[数値 (Number)] を選択します。
    3. [値 (Value)] テキスト フィールドに、保持期間を日数単位で入力します。

  4. [保存 (Save)] をクリックします。