オペレータ ポータルでは、パートナーを作成して設定を行うことができます。これによって、パートナーは、カスタマーのグループを自分で管理できるようになります。

オペレータ スーパー ユーザー、標準オペレータ、およびビジネス スペシャリスト オペレータのみが新しいパートナーを作成できます。

注: オペレータ スーパー ユーザーは、システム プロパティ session.options.disableCreateEnterpriseProxy を True に設定することで、新しいパートナーの作成を一時的に無効にすることができます。このオプションは、 SD-WAN Orchestrator が使用量のキャパシティを超えた場合に使用できます。

オペレータ ポータルで、[パートナーの管理 (Manage Partners)] に移動します。

  1. [パートナーの管理 (Manage Partners)] ページで [新規パートナー (New Partner)] をクリックするか、[アクション (Actions)] > [新規パートナー (New Partner)] をクリックします。
  2. [新規パートナー (New Partner)] ウィンドウで、次の図のように詳細を入力します。[新規パートナー (New Partner)] ダイアログのオプションの説明については、次の表を参照してください。

    オプション 説明
    名前 (Name) パートナーの名前を入力します
    ドメイン (Domain) パートナーのドメイン名を入力します
    VeloCloud サポート アクセス (VeloCloud Support Access) このオプションはデフォルトでオンになっており、パートナーの設定を表示、設定、およびトラブルシューティングするためのアクセス権を VMware サポートに付与します。
    Gateway 管理アクセスの付与 (Grant Gateway Management Access) このチェックボックスをオンにすると、パートナーは Gateway を作成および管理できます。
    番地、市区町村、都道府県、国、郵便番号 (Street Address, City, State, Country, ZIP/Postcode) 関連するアドレスの詳細をそれぞれのフィールドに入力します。
    表 1. [新規パートナー (New Partner)] ダイアログの最初のパートナー管理者アカウント
    オプション 説明
    ユーザー名 (Username) [user@domain.com] 形式でユーザー名を入力します。
    パスワード (Password) パートナーのパスワードを入力します。
    確認 (Confirm) パスワードを再入力します。
    名、姓、電話番号、携帯電話番号 (First Name, Last Name, Phone, Mobile Phone) 名前や電話番号などの詳細をそれぞれのフィールドに入力します。
    連絡先の E メール (Contact Email) メール アドレスを入力します。サービス ステータスのアラートは、このメール アドレスに送信されます。

[新規パートナー (New Partner)] ダイアログのデフォルト プロパティ

デフォルトでは、パートナーによって管理されるカスタマーには、次のプロパティが割り当てられます。必要に応じて、パートナーは各カスタマーの設定を変更できます。

表 2.
オプション 説明
Gateway プール (Gateway Pool)

[追加 (Add)] をクリックして、使用可能なリストから SD-WAN Gateway プール を選択します。SD-WAN Gateway プール を追加した後、[変更 (Modify)] をクリックしてプールを追加または削除できます。

SD-WAN Gateway プール の詳細については、Gateway プールと Gateway の管理を参照してください。

ソフトウェア/ファームウェア イメージ

[追加 (Add)] をクリックして、使用可能なリストからソフトウェア/ファームウェア イメージを選択します。ソフトウェア/ファームウェア イメージを追加した後、[変更 (Modify)] をクリックしてイメージを追加または削除できます。ソフトウェア/ファームウェア イメージの詳細については、ソフトウェア イメージを参照してください。

注: 5.0.0 リリースでは、オペレータは新しい Orchestrator UI から 6X0 Edge デバイスのファームウェア プラットフォーム イメージとすべての物理 SD-WAN Edge デバイスの工場出荷時イメージをアップロード、変更、または削除できます。オペレータは、従来の Orchestrator UI と新しい Orchestrator UI の両方から、すべての Edge デバイスのソフトウェア/ファームウェア イメージをアップロード、変更、または削除できます。

5.0.0 リリースでは、モデムのファームウェア機能はサポートされていません。

プラットフォーム ファームウェア(Edge 6X0 デバイス用)の詳細については、 新しい Orchestrator UI を使用したファームウェアとソフトウェア イメージおよび オペレータ プロファイルの管理を参照してください。
Edge ライセンス [追加 (Add)] をクリックして、使用可能なリストから SD-WAN Edge ライセンスを選択します。ライセンスを追加した後、[変更 (Modify)] をクリックしてライセンスを追加または削除できます。このオプションは、システム プロパティ [session.options.enableEdgeLicensing] が True に設定されている場合にのみ使用可能です。
注: ライセンス タイプは、複数の VMware SD-WAN Edge で使用できます。パートナーのエディションとリージョンに合わせるには、パートナーがすべてのタイプのライセンスにアクセスできるようにすることをお勧めします。詳細については、 Edge ライセンスを参照してください。

[作成 (Create)] をクリックします。

新しいパートナー名は、[パートナーの管理 (Manage Partners)] ページに表示されます。パートナー名をクリックしてパートナー ポータルに移動し、パートナーに設定を追加することができます。パートナー情報の設定を参照してください。