バージョン 5.0.0 の新機能

機能 説明
Partner Gateway Handoff での BGP MD5 認証 Partner Gateway の Handoff 設定で BGP MD5 認証の設定を行うことができます。パートナー ハンドオフの設定を参照してください。
SD-WAN Orchestrator のアドバイザリ通知と同意警告メッセージの設定 オペレータ ユーザーは、オペレータ、パートナー、およびエンタープライズに対するセキュリティ管理者指定のアドバイザリ通知および SD-WAN Orchestrator の使用に関する同意警告メッセージを設定し、表示することができます。SD-WAN Orchestrator のアドバイザリ通知と同意警告メッセージの設定を参照してください。
Edge 健全性統計情報 健全性統計情報が ClickHouse に時系列データとして保存されるようになりました。システム プロパティの有効化の詳細については、『VMware SD-WAN Orchestrator のデプロイおよび監視ガイド』の「システム プロパティ - データ保持」を参照してください
Gateway での IPv6 設定の強化
  • Partner Gateway Hand Off のスタティック ルート サブネットの IPv6 アドレスを設定できます。Gateway の設定を参照してください。
  • Partner Gateway Hand Off の設定中にスタティック ルート、BGP、および BFD の IPv6 アドレスを設定できます。パートナー ハンドオフの設定を参照してください。
  • オペレータ プロファイルの IPv6 アドレスを設定できます。オペレータ プロファイルの変更を参照してください。
グローバル設定ロールの分離 管理およびグローバル設定とロール権限は、SD-WAN から分離されており、SD-WAN Orchestrator の別のセクションとして編成されています。以下を参照してください。
プラットフォームのファームウェアの更新 プラットフォーム ファームウェア イメージのアップロードと管理は、6X0 Edge デバイスでサポートされます。詳細については、以下を参照してください。
キーベースの認証を使用した安全な Edge アクセス キーベース認証を有効にし、SSH キーを追加し、より安全な方法で Edge にアクセスできるようにします。キーベース認証を使用した SD-WAN Edge へのアクセスを参照してください。
SD-WAN Gateway から Zscaler Cloud へのマルチテナント GRE トンネルのサポート カスタマーが MT-GRE サービスの使用を開始する前に、オペレータ ユーザーがクラウド間相互接続 (CCI) トンネルを設定できるようにします。MT-GRE クラウド間相互接続オペレータ ワークフローを参照してください。

以前のバージョンの VMware SD-WAN

以前のバージョンの VMware SD-WAN についての製品ドキュメントを入手するには、VMware の担当者にお問い合わせください。