新しい SD-WAN カスタマー(エンタープライズまたはパートナー)を作成する場合、VMware SD-WAN Orchestrator は、オペレータ スーパー ユーザー、オペレータ標準管理者、パートナー スーパー ユーザー、およびパートナー標準管理者が、カスタマーの分析機能を有効にすることを許可します。 分析は、ワイヤレス コントローラ、LAN スイッチ、ネットワーク サービス、VMware SD-WAN EdgeVMware SD-WAN HubVMware SD-WAN Gateway、アプリケーションのパフォーマンス メトリックなど、アプリケーション フローごとに異なる視点からデータを収集するのに役立ちます。

新しいカスタマーに対して分析を有効にする方法については、『VMware SD-WAN オペレータ ガイド』の「新しいカスタマーの作成」セクションを参照してください。この文書は https://docs.vmware.com/jp/VMware-SD-WAN/index.html で入手できます。

前提条件

次のシステム プロパティが SD-WAN Orchestrator で適切に設定されていることを確認します。
  • session.options.enableEdgeAnalytics
  • service.analytics.apiURL
  • service.analytics.apiToken

詳細については、VMware SD-WAN Orchestrator での VMware Edge Network Intelligence の有効化を参照してください。

結果

新しいカスタマー名が [カスタマー (Customers)] 画面に表示されます。カスタマー名をクリックしてエンタープライズ ポータルに移動し、カスタマーの分析設定を追加または変更することができます。

次のタスク