次の図は、リージョン間のブランチ間接続を示しています。

上の図で、「ncc-west2-pri」は、2 つのサブネットが作成される Network Connectivity Center ハブに関連付けられているハブ VPC です。サブネット 192.168.190.0/24 は「us-west2」リージョンに関連付けられており、サブネット 192.168.191.0/24 は「us-east1」リージョンに関連付けられています。「host1」は米国の西海岸に位置し、「host2」は東海岸に位置しています。Google のネットワークを使用して「host1」を「host2」に接続する必要があります。

「us-east1」リージョンに SD-WAN Virtual Edge インスタンスとクラウド ルーターを作成するには、次の手順を実行します。

手順

  1. 2 つの SD-WAN Virtual Edge インスタンスを作成します。手順については、Google Cloud Platform Virtual Edge デプロイ ガイドを参照してください。
  2. エンタープライズ ユーザーとして VMware SD-WAN Orchestrator にログインし、2 つの SD-WAN Virtual Edge インスタンスをクラスタに追加します。手順については、『VMware SD-WAN 管理ガイド』の「Edge クラスタリングの設定」セクションを参照してください。この文書は、VMware SD-WAN のドキュメントで入手できます。
  3. Google Cloud コンソールから、VPC「ncc-west2-pri」の VPC ネットワークのグローバル ルーティング モードを有効にします。手順については、VPC ネットワークの動的ルーティング モードの設定を参照してください。
  4. VPC「ncc-west2-pri」で関連する受信トラフィックを許可します。手順については、ファイアウォール ルールの使用を参照してください。
  5. Google Cloud シェルから、次のコマンドを実行して Network Connectivity Center ハブを作成します。
    gcloud network-connectivity hubs create hub_name
  6. 次のコマンドを実行して、手順 1 で作成した 2 つの SD-WAN Virtual Edge インスタンスが「us-east1」リージョンで実行されていることを確認します。
    gcloud compute instances list
    gcloud compute instances list --filter=”name~’instance_name’”
    

    次の表に、変数とその説明を示します。

    変数 説明 ユースケースからの変数名
    instance_name 手順 1 で作成した SD-WAN Virtual Edge インスタンスの名前。
    • sdwan-edge1-east-vm
    • sdwan-edge2-east-vm

    2 つの SD-WAN Virtual Edge インスタンスが「us-east1」リージョンで実行されている場合に表示される出力は次のとおりです。

    NAME        ZONE        MACHINE_TYPE   PREEMPTIBLE  INTERNAL_IP                                EXTERNAL_IP                   STATUS
    sdwan-edge1-east-vm  us-east1-b  n1-standard-4               192.168.158.3,192.168.159.3,192.168.191.2  198.51.100.0, 198.51.100.255  RUNNING
    sdwan-edge2-east-vm  us-east1-c  n1-standard-4               192.168.158.4,192.168.160.3,192.168.191.3  198.51.100.50, 198.51.100.75  RUNNING
    
  7. SD-WAN Virtual Edge インスタンスをスポークとして Network Connectivity Center ハブに追加します。
    1. 次のコマンドを実行して、Network Connectivity Center ハブの URI (Universal Resource Identifier) を収集します。
      gcloud network-connectivity hubs describe <hub_name>

      上記のコマンドを実行すると、次の出力が表示されます。

      [
        {
          "createTime": "2021-01-06T23:46:32.477781456Z",
          "description": "My first hub",
          "name": "projects/cloud-254004/locations/global/hubs/ncc-hub",
          "uniqueId": "0eed5bbe-758b-498a-b908-9c6c07c407c5",
          "updateTime": "2021-01-06T23:46:32.885414708Z"
        }
      ]
      
    2. 次のコマンドを実行して、SD-WAN Virtual Edge インスタンスの URI を収集します。
      gcloud compute instances list --uri --filter="name~'sdwan'"

      上記のコマンドを実行すると、次の出力が表示されます。

      https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/cloud-254004/zones/us-east1-b/instances/sdwan-edge1-east-vm
      https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/cloud-254004/zones/us-east1-c/instances/sdwan-edge2-east-vm
      
    3. 次のコマンドを実行して、SD-WAN Virtual Edge インスタンスのスポークを作成します。
      gcloud network-connectivity spokes linked-router-appliances create instance_name --hub=hub_URI --router-appliance=instance=”instance_URI”,ip=”instance_interface_ip” --region=region --site-to-site-data-transfer

      次の表に、変数とその説明を示します。

      変数 説明 ユースケースからの変数名
      instance_name SD-WAN Virtual Edge インスタンスの名前。
      • sdwan-edge1-east-vm
      • sdwan-edge2-east-vm
      hub_URI 手順 7 (a) で収集した Network Connectivity Center ハブの URI。 https://networkconnectivity.googleapis.com/compute/v1/projects/cloud-254004/locations/global/hubs/Hub1
      instance_URI 手順 7 (b) で収集した SD-WAN Virtual Edge インスタンスの URI。
      • https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/cloud-254004/zones/us-east1-b/instances/sdwan-edge1-east-vm
      • https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/cloud-254004/zones/us-east1-c/instances/sdwan-edge2-east-vm
      instance_interface_ip SD-WAN Virtual Edge インスタンスの IP アドレス。
      • 192.168.191.2(sdwan-edge1-east-vm の場合)
      • 192.168.191.3(sdwan-edge2-east-vm の場合)
      region SD-WAN Virtual Edge インスタンスが展開されているリージョン。 us-east-1
      コマンドの例を次に示します。
      • sdwan-edge1-east-vm の場合:
        gcloud network-connectivity spokes linked-router-appliances create sdwan-edge1-east-vm --hub=https://www.googleapis.com/networkconnectivity/v1/projects/cloud-254004/locations/global/hubs/ncc-hub --router-appliance=instance=https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/multicloud-254004/zones/us-east1-b/instances/sdwan-edge1-east-vm,ip=192.168.191.2 --region=us-east1 --site-to-site-data-transfer
      • sdwan-edge2-east-vm の場合:
        gcloud network-connectivity spokes linked-router-appliances create sdwan-edge2-east-vm --hub=https://www.googleapis.com/networkconnectivity/v1/projects/cloud-254004/locations/global/hubs/ncc-hub --router-appliance=instance=https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/multicloud-254004/zones/us-east1-c/instances/sdwan-edge2-east-vm,ip=192.168.191.3 --region=us-east1 --site-to-site-data-transfer
  8. 次のコマンドを実行して、クラウド ルーターを作成します。
    gcloud compute routers create cloud_router_name --region=my_region --network=my_network --asn=asn_value --project=my_project

    次の表に、変数とその説明を示します。

    変数 説明 ユースケースからの変数名
    cloud_router_name クラウド ルーターの名前。 CloudRouter4
    my_region クラウド ルーターを含むリージョン。 us-east1
    my_network クラウド ルーターを含む VPC の名前。 ncc-west2-pri
    asn_value クラウド ルーターに割り当てられた自律システム番号。 65200
    my_project クラウド ルーターのプロジェクト ID。 cloud-254004
  9. クラウド ルーター用に 2 つのインターフェイスを作成して、高可用性を設定します。
    1. 次のコマンドを実行して、クラウド ルーターのプライマリ インターフェイスを作成します。
      gcloud compute routers add-interface cloud_router_name --interface-name=interface1_name --ip-address=interface1_ip_address --subnetwork=subnet --region=my_region --project=my_project
    2. 次のコマンドを実行して、クラウド ルーターのセカンダリ インターフェイスを作成します。
      gcloud compute routers add-interface cloud_router_name --interface-name=interface2_name --ip-address=interface2_ip_address --redundant-interface=interface1_name --subnetwork=subnet --region=my_region --project=my_project

      次の表に、変数とその説明を示します。

      変数 説明 ユースケースからの変数名
      cloud_router_name 手順 8 で作成したクラウド ルーターの名前。 CloudRouter4
      interface1_name クラウド ルーターのプライマリ インターフェイスの名前。 ra-1-0
      interface2_name クラウド ルーターのセカンダリ インターフェイスの名前。 ra-1-1
      subnet クラウド ルーターが作成されるサブネットの名前。 ncc-east1-pri-sub
      my_region クラウド ルーターを含むリージョン。 us-east1
      interface1_ip_address プライマリ インターフェイスの内部 IP アドレス。 192.168.191.10
      interface2_ip_address セカンダリ インターフェイスの内部 IP アドレス。 192.168.191.11
      my_project クラウド ルーターのプロジェクト ID。 cloud-254004
      コマンドの例を次に示します。
      • プライマリ インターフェイスの場合:
        gcloud compute routers add-interface cloudrouter4 --interface-name=ra-1-0 –-ip-address=192.168.191.10 --subnetwork=ncc-east1-pri-sub --region=us-east1 --project=cloud-254004
      • セカンダリ インターフェイスの場合:
        gcloud compute routers add-interface cloudrouter4 --interface-name=ra-1-1 –-ip-address=192.168.191.11 --subnetwork=ncc-east1-pri-sub --redundant-interface=ra-1-0 --region=us-east1 --project=cloud-254004
  10. クラウド ルーターに BGP ピアを作成します。クラウド ルーター用に 2 つのインターフェイスを作成したので、「us-east 1」リージョンで実行されている SD-WAN Virtual Edge インスタンスごとに 2 つの BGP ピアリング関係を確立する必要があります。
    次のコマンドを実行して、SD-WAN Virtual Edge インスタンスの BGP ピアを作成します。
    gcloud compute routers add-bgp-peer cloud_router_name --peer-name=peer_name --interface=interface_name --peer-ip-address=peer_ip_address --peer-asn=peer_asn --instance=instance_name --instance-zone=zone --region=region

    次の表に、変数とその説明を示します。

    変数 説明 ユースケースからの変数名
    cloud_router_name 手順 8 で作成したクラウド ルーターの名前。 CloudRouter4
    peer_name BGP ピアリング セッションの名前。
    • ra-1-0-peer0
    • ra-1-1-peer0
    • ra-1-0-peer1
    • ra-1-1-peer1
    interface_name 手順 9 で作成したインターフェイスの名前。
    • ra-1-0
    • ra-1-1
    peer_ip_address SD-WAN Virtual Edge インターフェイスの IP アドレス。
    • 192.168.191.2(sdwan-edge1-east-vm の場合)
    • 192.168.191.3(sdwan-edge2-east-vm の場合)
    peer_asn クラウド ルーターに割り当てられたピア自律システム番号。
    • 65210(sdwan-edge1-east-vm の場合)
    • 65211(sdwan-edge2-east-vm の場合)
    instance_name SD-WAN Virtual Edge インスタンスの名前。
    • sdwan-edge1-east-vm
    • sdwan-edge2-east-vm
    zone SD-WAN Virtual Edge インスタンスが展開されるゾーン。
    • us-east1-b(sdwan-edge1-east-vm の場合)
    • us-east1-c(sdwan-edge2-east-vm の場合)
    region SD-WAN Virtual Edge インスタンスが展開されているリージョン。 us-east-1
    確立する必要のある BGP セッションは次のとおりです。
    • プライマリ インターフェイス ra-1-0 から最初の SD-WAN Virtual Edge インスタンスである sdwan-edge1-east-vm への 1 つの BGP セッション。
      コマンドの例:
      gcloud compute routers add-bgp-peer cloudrouter4 --peer-name=ra-1-0-peer0 --interface=ra-1-0 --peer-ip-address=192.168.191.2 --peer-asn=65210 --instance=sdwan-edge1-east-vm --instance-zone=us-east1-b --region=us-east1
    • セカンダリ インターフェイス ra-1-1 から最初の SD-WAN Virtual Edge インスタンスである sdwan-edge1-east-vm への 1 つの BGP セッション。
      コマンドの例:
      gcloud compute routers add-bgp-peer cloudrouter4 --peer-name=ra-1-1-peer0 --interface=ra-1-1 --peer-ip-address=192.168.191.2 --peer-asn=65210 --instance=sdwan-edge1-east-vm --instance-zone=us-east1-b --region=us-east1
    • プライマリ インターフェイス ra-1-0 から 2 番目の SD-WAN Virtual Edge インスタンスである sdwan-edge2-east-vm への 1 つの BGP セッション。
      コマンドの例:
      gcloud compute routers add-bgp-peer cloudrouter4 --peer-name=ra-1-0-peer1 --interface=ra-1-0 --peer-ip-address=192.168.191.3 --peer-asn=65211 --instance=sdwan-edge2-east-vm --instance-zone=us-east1-c --region=us-east1
    • セカンダリ インターフェイス ra-1-1 から 2 番目の SD-WAN Virtual Edge インスタンスである sdwan-edge2-east-vm への 1 つの BGP セッション。
      コマンドの例:
      gcloud compute routers add-bgp-peer cloudrouter4 --peer-name=ra-1-1-peer1 --interface=ra-1-1 --peer-ip-address=192.168.191.3 --peer-asn=65211 --instance=sdwan-edge2-east-vm --instance-zone=us-east1-c --region=us-east1
  11. SD-WAN Virtual Edge インスタンスである sdwan-edge1-east-vm および sdwan-edge2-east-vm で BGP を設定します。
    注: インスタンスを再起動するたびに IP アドレスが変更されないように、SD-WAN Virtual Edge インスタンスの静的内部 IP アドレスを設定することをお勧めします。手順については、 静的内部 IP アドレスの予約を参照してください。
    1. Google Cloud コンソールから、SD-WAN Virtual Edge インスタンスのプライベート インターフェイス IP アドレスを取得します。
    2. エンタープライズ ユーザーとして SD-WAN Orchestrator にログインし、Google Cloud コンソールから取得したプライベート インターフェイスの IP アドレスを SD-WAN Virtual Edge インスタンスである sdwan-edge1-east-vm および sdwan-edge2-east-vm に割り当てます。手順については、『VMware SD-WAN 管理ガイド』の「インターフェイスの設定」セクションを参照してください。この文書は、VMware SD-WAN のドキュメントで入手できます。
    3. SD-WAN Virtual Edge インスタンスである sdwan-edge1-east-vm および sdwan-edge2-east-vm の BGP を設定します。手順については、『VMware SD-WAN 管理ガイド』の「BGP の設定」セクションを参照してください。この文書は、VMware SD-WAN のドキュメントで入手できます。
  12. 手順 10 で設定した 4 つの BGP セッションが SD-WAN Orchestrator で確立されていることを確認します。手順については、『VMware SD-WAN 管理ガイド』の「Edge の BGP ネイバー状態の監視」セクションを参照してください。この文書は、VMware SD-WAN のドキュメントで入手できます。
  13. 手順 1 ~ 13 を繰り返して、「us-west2」リージョンに SD-WAN Virtual Edge インスタンスとクラウド ルーターを作成します。

次のタスク

ping テストを実行して、「us-east1」と「us-west2」の 2 つのリージョンにまたがる SD-WAN Virtual Edge インスタンスとクラウド ルーター間の接続を検証します。手順については、『VMware SD-WAN 管理ガイド』の「ping テスト」セクションを参照してください。この文書は、VMware SD-WAN のドキュメントで入手できます。