CloudFormation テンプレートを使用して Virtual Edge をデプロイする方法については、以下の手順で説明します。ただし、デプロイの前に前提条件を満たしていることを確認してください。

前提条件

CloudFormation テンプレートを使用して Virtual Edge をデプロイする前に必要なものは次のとおりです。

基本的なトポロジ

基本的なトポロジの例では、AWS VPC (10.0.0.0/16) はパブリック サブネット (10.0.0.0/24) およびプライベート サブネット (10.0.1.0/24) に分割されています。Virtual Edge は、2 つのサブネット間でルーティングされます。パブリック VPC ルートは、すべてのオフネット トラフィックをインターネット ゲートウェイに転送します。プライベート サブネット内の VPC ルーターは、すべてのトラフィックを Virtual Edge(GE3 の ENI)上の LAN に接続するインターフェイスに転送します。この例では、デフォルト ルートを使用して、ワークロードからすべてのトラフィックを転送していますが、必須ではありません。RFC1918 集約または特定のブランチ/ハブ プレフィックスを使用して、Virtual Edge に送信されるトラフィックを絞り込むことができます。たとえば、プライベート サブネット内のワークロードにパブリック送信元 IP アドレスから SSH 接続でアクセスできるようにする必要がある場合は、デフォルト ルート (0.0.0.0/0) がインターネット ゲートウェイを指すように、また、RFC1918 集約が Virtual Edge を指すように VPC ルーターを設定することもできます。

手順:

ステップ 1:SD-WAN Orchestrator を使用して、Virtual Edge をエンタープライズに追加する

  1. SD-WAN Orchestrator にログインします。
  2. ナビゲーション パネルから [設定 (Configure)] > [Edge (Edges)] の順に移動し、[新規 Edge (New Edge)] ボタンをクリックします。

    [新規 Edge の設定 (Provision New Edge)] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [新規 Edge の設定 (Provision New Edge)] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
    1. [名前 (Name)] テキスト ボックスに Virtual Edge の名前を入力します。
    2. [モデル (Model)] ドロップダウン メニューで [Virtual Edge] を選択します。
    3. [プロファイル (Profile)] ドロップダウン メニューで、Virtual Edge のプロファイルを選択します。
    4. [高可用性 (High Availablity)] チェックボックスは適用されないため、オフのままにします。
    5. [シリアル番号 (Serial Number)] テキスト ボックスは空白のままにします。
    6. [保存 (Save)] をクリックします。
  4. Virtual Edge は、アクティベーション キーとともにプロビジョニングされます。CloudFormation テンプレートをデプロイするときに使用されるので、アクティベーション キーをメモしておきます。

ステップ 2:VLAN IP アドレスを追加する

デバイス設定を保存するためには、VLAN 設定に IP アドレスが割り当てられている必要がありますが、IP アドレスは使用されません。たとえば、IP アドレス 169.254.0.1 を使用します。VLAN IP アドレスを追加するには、次の手順を実行します。

  1. 先ほど作成した Virtual Edge について、SD-WAN Orchestrator[デバイス (Device)] タブをクリックします。
  2. [VLAN の設定 (Configure VLAN)] セクションまで下にスクロールして、[VLAN の追加 (Add VLAN)] ボタンをクリックします。

    [VLAN] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [VLAN] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
    1. 必要に応じて、[Edge 上書き (Edge Override)] チェックボックスをオンにして Edge 上書きを有効にします。
    2. [セグメント (Segment)] ドロップダウン メニューからセグメントを選択します。
    3. [VLAN 名 (VLAN Name)] にはデフォルトの名前が表示され、無視してもかまいません。
    4. [VLAN ID] にはデフォルト値が表示されますが、無視してかまいません。
    5. [重複するサブネットの割り当て (Assign Overlapping Subnets)] は、デフォルトで無効になっています。
    6. [Edge の LAN IP アドレス (Edge LAN IP Address)] テキスト ボックスに「169.254.0.1」と入力します。
    7. [CIDR プレフィックス (Cidr Prefix)] テキスト ボックスに「24」と入力します。
    8. [ネットワーク (Network)] の値は、CIDR プレフィックスに基づいて設定されます。
    9. [広報 (Advertise)] チェックボックスはオフのままにします。
    10. 残りのフィールド([マルチキャスト (Multicast)]、[固定 IP アドレス (Fixed IP)]、[LAN インターフェイス (LAN Interfaces)]、[SSID])はデフォルト設定のままにします。
    11. 必要に応じて、[Edge オーバーライド (Edge Override)] チェックボックスをオンにして SD-WAN Edge オーバーライドを有効にし、DHCP を無効にします。
    12. [DHCP タイプ (DHCP Type)] で、[無効 (Disabled)] をクリックします。
    13. [OSPF] 領域は無視してかまいません。

ステップ 3:Virtual Edge インターフェイスを設定する

[警告][デバイス設定 (Device Settings)] は、SD-WAN Edge のアクティベーションの前に最初に SD-WAN Orchestrator で設定する必要があります。この手順を省略すると、Virtual Edge はアクティベーションされますが、数分後にオフラインになります。

  1. Virtual Edge のデバイス設定([設定 (Configure)] > [Edge (Edges)] > [デバイス (Device)] タブ)に移動します。

  2. 下にスクロールして、[インターフェイス設定 (Interface Settings)] セクションに移動します。

  3. GE2 インターフェイスの [編集 (Edit)] リンクをクリックして、インターフェイスの設定を変更します。

    GE2 の [インターフェイス設定 (Interface Settings)] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. GE2 の [インターフェイス設定 (Interface Settings)] ダイアログ ボックスで、[インターフェイス設定の上書き (Override Interface)] チェックボックスをクリックし、次の手順を実行します。
    1. [機能 (Capability)] ドロップダウン メニューで、GE2 インターフェイスの機能を [スイッチ (Switched)] から [ルーティング (Routed)] に変更します。
    2. [アドレス指定のタイプ (Addressing Type)] ドロップダウン メニューから [DHCP] を選択します。
    3. [WAN オーバーレイ (WAN Overlay)] チェックボックスをオンにして WAN オーバーレイを有効にします。
  5. GE3 インターフェイスの [編集 (Edit)] リンクをクリックして、インターフェイスの設定を変更します。

    GE3 の [インターフェイス設定 (Interface Settings)] ダイアログ ボックスが表示されます。

  6. GE3 の [インターフェイス設定 (Interface Settings)] ダイアログ ボックスで、[インターフェイス設定の上書き (Override Interface)] チェックボックスをクリックし、次の手順を実行します。
    1. このインターフェイスは LAN 側ゲートウェイで使用されるため、[WAN オーバーレイ (WAN Overlay)] チェックボックスをオフにして WAN オーバーレイを無効にします。
    2. [NAT ダイレクト トラフィック (NAT Direct Traffic)] チェックボックスをオフにして、NAT ダイレクト トラフィックを無効にします。

ステップ 4:CloudFormation 経由で Virtual Edge を起動する

[注:]これが Virtual Edge の最初のデプロイである場合は、CloudFormation テンプレートからデプロイする前に、AWS Marketplace の Edge バージョンへの「サブスクライブ」が必要になる場合があります。
注: AWS 固有のコンポーネントの設定方法の詳細については、AWS のドキュメントを参照してください。
  1. AWS コンソールにログインします。
  2. キー ペアを作成またはインポートします。

    [注:]AWS EC2 インスタンスのキーに関する追加情報については、https://docs.aws.amazon.com/AWSEC2/latest/UserGuide/ec2-key-pairs.html を参照してください。

  3. CloudFormation に移動します。

  4. CloudFormation スタックを作成します。

  5. CloudFormation テンプレートをアップロードします。

  6. 次の図に示すように、スタックの詳細を指定します。

    残りの画面では、パラメータ、フィールド、またはテキスト ボックスを変更する必要がある場合を除き、デフォルト設定のままにしておきます。最後の手順で、スタックを作成します。

  7. スタックを確認して作成します。
  8. デプロイの進行状況を監視します。