VMware Secure Access のシステム コンポーネントを以下に示します。
  • Workspace ONE UEM Console:管理者は Web ブラウザを介して Workspace ONE UEM Console を使用して、デバイスとそのアクセス ポリシーの保護、設定、監視、および管理を行います。UEM Console には、オンプレミスとホスト型を含む複数の展開オプションがあります。
  • VMware SD-WAN OrchestratorVMware SD-WAN Orchestrator は、クラウド ネットワークを介したデータ フローのオーケストレーションに加えて、エンタープライズ全体にわたるインストール、設定、リアルタイム監視を一元化します。SD-WAN Orchestrator を使用すれば、ブランチ、クラウド、またはエンタープライズ データセンターの仮想サービスをワンクリックでプロビジョニングできます。
  • VMware SD-WAN Edge(オプション):VMware SD-WAN Edge は、プライベート、パブリック、ハイブリッドの各アプリケーション、コンピューティング サービス、仮想サービスへのセキュアで最適化された接続を提供する、完全に自動化されたエンタープライズ クラスのアプライアンスです。SD-WAN Edge は、仮想ネットワーク機能 (VNF) サービスをホストするだけでなく、アプリケーションの詳細な認識、アプリケーション ステアリングとパケット ステアリング、パフォーマンス メトリック、エンドツーエンドのサービス品質 (QoS) を可能にします。