展開とネットワークを維持しながら、Cloud Assemblyで展開したマシンを再配置することが必要になる場合があります。

たとえば、最初にテスト ネットワークに展開した後、本番ネットワークに移行することができます。ここで説明する手法を使用すると、ブループリントを事前に設計することで上記のような Day 2 アクションに対する準備ができます。マシンは移動されることに注意してください。削除された後で再展開されるのではありません。

この手順は、Cloud.vSphere.Machine リソースにのみ適用されます。vSphereに展開されているクラウドに依存しないマシンには使用できません。

前提条件

  • Cloud Assemblyネットワーク プロファイルには、マシンが接続するすべてのサブネットが含まれている必要があります。Cloud Assemblyでネットワークを確認するには、[インフラストラクチャ] > [構成] > [ネットワーク プロファイル] の順に移動します。

    ネットワーク プロファイルは、ユーザーの適切な Cloud Assemblyプロジェクトの一部であるアカウントおよびリージョンに含まれている必要があります。

  • 2 つのサブネットに異なるタグを付けます。次の例では、testprod というタグ名を想定しています。
  • 展開されたマシンの IP アドレス割り当てタイプは同じままにする必要があります。別のネットワークへの移行中に、固定から DHCP、またはその逆に変更することはできません。

手順

  1. Cloud Assemblyで、[デザイン] に移動し、展開のブループリントを作成します。
  2. ブループリント コードの inputs セクションに、ユーザーがネットワークを選択できるようにするエントリを追加します。
    inputs:
      net-tagging:
        type: string
        enum:
          - test
          - prod
        title: Select a network
  3. ブループリント コードの resources セクションに、Cloud.Network を追加し、vSphere マシンを接続します。
  4. Cloud.Network で、inputs の選択内容を参照する制約を作成します。
    resources:
      ABCServer:    
        type: Cloud.vSphere.Machine
        properties:
          name: abc-server
          . . . 
          networks:
           - network: '${resource["ABCNet"].id}'
      ABCNet:
        type: Cloud.Network
        properties:
          name: abc-network
          . . .
          constraints:
           - tag: '${input.net-tagging}'
  5. ブループリントの設計を続行し、通常どおりに展開します。展開時、test または prod ネットワークの選択を求めるプロンプトが表示されます。
  6. Day 2 の変更を行う必要がある場合は、[展開] に移動し、ブループリントに関連付けられている展開を特定します。
  7. 展開の右側で、[アクション] > [更新] の順にクリックします。
  8. 更新パネルでは、同じように test または prod ネットワークの選択を求めるプロンプトが表示されます。
  9. ネットワークを変更するには、選択して [次へ] をクリックし、[送信] をクリックします。