サービス管理者は、 Code Stream コンテンツ ソースを追加し、パイプラインを共有することによって、Service Broker カタログから Code Stream パイプラインを使用できるようにすることができます。パイプラインは、ソフトウェア リリース プロセスの継続的インテグレーションと配信モデルです。

Code Stream パイプラインをインポートおよび展開するためのワークフロー図。

パイプラインをインポートしたら、プロジェクト メンバーと共有して、メンバーがカタログからパイプラインを展開できるようにします。パイプラインの展開の実行が完了すると、ユーザーは入力と出力を確認し、出力、パイプライン、および実行の各リンクを使用できます。

前提条件

手順

  1. Code Stream からパイプラインをインポートします。
    1. [コンテンツとポリシー] > [コンテンツ ソース] の順に選択します。
    2. [新規] をクリックし、[Code Stream パイプライン] をクリックします。
    3. このコンテンツ ソースの [名前] を入力します。
    4. [ソース プロジェクト] を選択し、[検証] をクリックします。
      検証プロセスでは、接続がテストされ、 Code Stream 内のプロジェクトに関連付けられたリリース済みパイプラインの数が示されます。
    5. [作成してインポート] をクリックします。
    [コンテンツ ソース] 画面に、新しいソースと、検出およびインポートされたアイテムの数が表示されます。
  2. インポートされたアイテムをソース プロジェクトと共有して、カタログに表示されるようにします。
    1. [コンテンツとポリシー] > [コンテンツの共有] の順に選択します。
    2. パイプラインを申請する権限を付与されているユーザーを含むソース プロジェクトを選択します。
    3. [アイテムの追加] をクリックしてから、プロジェクトと共有する 1 つまたは複数のパイプラインを選択します。

      コンテンツ ソースからインポートされたすべてのアイテムを選択することも、ソース ツリーを展開して個々のアイテムを選択することもできます。

    4. [保存] をクリックします。
    [コンテンツ共有] 画面に、選択したプロジェクトに使用可能なすべてのアイテムが表示されます。パイプラインはカタログにも追加され、プロジェクト メンバーはこれらのパイプラインを申請できるようになります。
  3. 選択されたプロジェクトのメンバーがカタログ内のパイプラインを使用できることを確認します。
    1. [カタログ] をクリックし、インポートされたパイプラインを見つけます。
    2. [申請] をクリックし、必要な情報を入力します。
    3. [送信] をクリックします。
      プロビジョニング プロセスが開始し、[展開] タブが開いて現在の申請内容が一番上に表示されます。
  4. プロビジョニング プロセスを監視して、正常に展開されていることを確認します。
    1. [展開] をクリックして、展開されたカタログ アイテムを特定します。
    2. 正常に完了するまでカードのステータスを監視します。
    展開を開いたり、入力と出力を確認したり、リンクを使用して出力 URL にアクセスしたり、 Code Stream のパイプラインと実行へのリンクを使用したりできます。

結果

リリースされたパイプラインは、Service Broker にインポートされ、カタログを通じて共有され、展開可能になります。

次のタスク