クラウド管理者は、vRealize Orchestrator ワークフローをカタログに追加できます。ワークフローは、単純なタスクまたは複雑なタスクを実行するために vRealize Orchestrator 内で作成されます。

ワークフローには、通常の入力パラメータに加えて、複合タイプを入力パラメータとして含めることができます。

vRealize Orchestrator 設定ワークフロー図

前提条件

  • 必要なタスクを実行できる vRealize Orchestrator ワークフローがあることを確認します。ワークフローの管理を参照してください。

手順

  1. vRealize OrchestratorCloud Assembly 統合を設定していない場合は、Service Broker で統合を追加できます。
    1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [統合] の順に選択します。
    2. [統合の追加] をクリックしてから、[vRealize Orchestrator] をクリックします。
    3. vRealize Orchestrator インスタンス の URL を入力します。
    4. [クラウド プロキシ] を選択または追加します。
    5. ユーザー名とパスワードを入力します。
    6. 認証情報と URL を検証するには、[検証] をクリックします。
    7. コンテンツ ソースの作成時にこのインスタンスを識別するための名前を入力します。
    8. [追加] をクリックします。
  2. ワークフローをインポートします。
    1. [コンテンツとポリシー] > [コンテンツ ソース] の順に選択します。
    2. [新規] をクリックし、[vRealize Orchestrator ワークフロー] をクリックします。
    3. コンテンツを共有するときに識別できるように、このコンテンツ ソースの [名前] を入力します。
    4. [追加] をクリックし、Service Broker で使用できるようにするワークフローを選択します。
    5. [作成してインポート] をクリックします。
  3. インポートしたワークフローをプロジェクトと共有します。
    1. [コンテンツとポリシー] > [コンテンツの共有] の順に選択します。
    2. ワークフローを展開できるユーザーを含むプロジェクトを選択します。
    3. [アイテムの追加] をクリックしてから、プロジェクトと共有する 1 つまたは複数のワークフローを選択します。
      コンテンツ ソースからインポートされたすべてのアイテムを選択することも、ソース ツリーを展開して個々のアイテムを選択することもできます。
    4. [保存] をクリックします。
  4. 選択されたプロジェクトのメンバーがカタログからワークフローを使用できることを確認します。
    1. [カタログ] をクリックし、インポートしたワークフローを特定してプロジェクトを確認し、設定したプロジェクトが含まれていることを確認します。
    2. [申請] をクリックし、必要な情報を入力します。
    3. [送信] をクリックします。
    プロビジョニング プロセスが開始し、[展開] タブが開いて現在の申請内容が一番上に表示されます。
  5. プロビジョニング プロセスを監視して、ワークフローが正常に実行されていることを確認します。
    1. [展開] をクリックし、展開された申請を探します。
    2. 正常に完了するまでカードのステータスを監視します。

結果

vRealize Orchestrator ワークフローが Service Broker にインポートされ、カタログを通じて共有されます。

次のタスク