カスタム フォームでデータ グリッド要素を使用すると、表に表示されるデータを手動で指定できる場合があります。

CSV データを入力する例

この使用事例では、カスタム申請フォームに入力する値のテーブルを用意します。テーブル内の情報を、定数値のソースとして入力します。ソースは CSV データ構造に基づいていて、最初の行によってグリッド ヘッダーが定義されます。ヘッダーは、列 ID をカンマで区切ります。それ以降の各行は、テーブルの各行に表示されるデータです。

  1. データ グリッドの汎用要素をデザイン キャンバスに追加します。
  2. データ グリッドを選択し、プロパティ ペインで値を定義します。
    データ グリッドのプロパティ ペイン
    ラベル ID タイプ
    Username username 文字列
    Employee ID employeeId 整数
    Manager manager 文字列
    CSV 値を定義します。
    username,employeeId,manager
    leonardo,95621,Farah
    vindhya,15496,Farah
    martina,52648,Nikolai
  3. データ グリッドに申請フォームで想定されるデータが表示されていることを確認します。
    カスタム申請フォームのデータ グリッド

外部ソースの例

この例は前の例を使用していますが、値は vRealize Orchestrator アクションに基づいています。これは単純なアクションの例ですが、別のデータベースまたはシステムからこの情報を取得する、より複雑なアクションを使用することができます。

  1. vRealize Orchestrator で、次の例のような配列で getUserDetails アクションを構成します。
    カスタム フォームのデータ グリッドに値を入力するための vRealize Orchestrator アクション
    1. [一般] タブで、名前として getUserDetails と入力し、モジュール名を入力します。
    2. [スクリプト] タブで、次のスクリプトの例を使用します。
      return [{"username":"Fritz", "employeeId":6096,"manager":"Tom"}]
    3. [戻り値の型] 領域で、タイプとして プロパティ を入力または選択し、[アレイ] をクリックします。
    4. バージョンを作成し、アクションを保存します。
  2. Service Broker で、データ グリッドを追加し、[値] タブを使用して次の値を含むデータ グリッド列を構成します。
    ラベル ID タイプ
    Username username 文字列
    Employee ID employeeId 整数
    Manager manager 文字列
  3. [デフォルト値] の [値のソース] リストで、[外部ソース] を選択します。
  4. [アクションの選択] で、getUserDetails と入力し、vRealize Orchestrator で作成したアクションを選択します。
  5. フォームを保存します。
  6. カタログ内で、申請フォームのテーブルを確認します。
    vRealize Orchestrator アクションを使用して値が入力されたデータ グリッド