Service Broker 利用者は、Cloud Assembly、Amazon CloudFormation、その他のソースからインポートされたカタログ アイテムを展開して、作業プロセスの一部として展開できるようにします。

クラウド管理者によって提供されるカタログ アイテム。使用可能なアイテムは、プロジェクトのメンバーシップによって異なります。1 つのプロジェクトのメンバーである場合は、そのプロジェクトのカタログ アイテムのみが表示されます。複数のプロジェクトのメンバーである場合は、それらのプロジェクトのカタログ アイテムを表示できます。

また、プロジェクトによって展開時のオプションが決まります。

この記事で記載されている情報は、一般的な内容です。実際の各カタログ アイテムは異なります。この相違は、申請時に使用可能にした変数などを含め、ブループリント、テンプレート、その他のアイテムがどのように構築されたかによって決まります。

手順

  1. [カタログ] をクリックします。
    使用可能なカタログ アイテムは、プロジェクトのメンバーシップに基づいて異なります。
  2. 展開するカタログ アイテムを特定します。
    フィルタ、検索、または並べ替えオプションを使用してカタログ アイテムを検索できます。
  3. [申請] をクリックします。
  4. 必要な情報をすべて入力します。

    ブループリントにリリース済みのバージョンが複数ある場合は、展開するバージョンを選択します。

    プロジェクトと同様に、展開名が必要です。プロジェクトのリストには、自分がメンバーであるプロジェクトが含まれています。

    このフォームには、ブループリントのデザインに応じて、設定が必要なその他のオプションがあります。

  5. [送信] をクリックします。
    プロビジョニング プロセスが開始し、[展開] タブが開いて現在の申請内容が一番上に表示されます。

次のタスク

申請を監視します。Service Broker の展開の監視を参照してください。