Service Broker は簡素化されたユーザー インターフェイスで、クラウド管理者のチームがテンプレートの開発とビルドにフル アクセスする必要がない場合に、ユーザーが使用できるようにします。

Service Broker を使用して、プロジェクトに関連付けられたクラウド リージョンまたはデータストアにテンプレートを展開します。


サービス カタログ コンポーネントとその相互作用の図

テンプレートを提供するには、クラウド管理者がコンテンツ ソースを構成します。コンテンツ ソースには、Cloud Assembly テンプレートおよび Amazon CloudFormation テンプレートを含めることができます。インポートされたテンプレートはカタログ アイテムになります。

  • コンテンツ ソースは、プロジェクトに使用できます。プロジェクトには、1 つ以上のターゲット クラウド ゾーンのリージョンまたはデータストアを持つ一連のユーザーがリンクされます。
  • たとえば、UserA は、ProjectA および ProjectB のメンバーですが、ProjectC のメンバーではありません。ProjectA および ProjectB に使用可能なインポートされたテンプレートのみが表示されます。

ユーザーがカタログ アイテムを要求する場合、展開される場所は選択されるプロジェクトによって変わります。プロジェクトには、1 つ以上のクラウド ゾーンがある場合があります。

  • UserA と UserB が ProjectA のメンバーである場合、インポートされたテンプレートがカタログ アイテムとして表示されます。また、展開時には、ProjectA に展開できます。カタログ アイテムが展開されるクラウド リージョンまたはデータストアを決定します。

カタログ アイテムの可用性は、プロジェクトのメンバーシップによって決まります。プロジェクトは、アイテムが展開されているユーザー、カタログ アイテム、およびクラウド リソースをリンクします。

要求が成功すると、ユーザーは、破棄や削除などのアクションを実行して展開を管理できます。