この機能は、VMware vRealize Cloud Universal サブスクリプションがある場合にのみ使用できます。管理者は、既存のオンプレミスの vRealize Automation 7.5 または 7.6 のカタログ アイテムを 1 つ以上のビジネス グループから Service Broker カタログに追加することができます。vRealize Automation 7.5/7.6 のカタログ アイテムがインポートされ、Service Broker カタログに追加されます。

7.5/7.6 カタログ アイテムが追加されると、ユーザーは、1 つのクラウド カタログから現在のオンプレミスのカタログ アイテムまたは任意の Service Broker アイテムを申請できます。この単一のカタログを使用すると、カタログ利用者は vRealize Automation の複数のインスタンスにまたがるシームレスな申請を行うことができます。

この機能に関心があり、vRealize Cloud Universal サブスクリプションがない場合は、統合を追加するときにサブスクライブできます。


vRealize Automation 7.5 または 7.6 統合ワークフロー。

次の考慮事項を確認して、vRealize Automation 7.5/7.6 のカタログ アイテムをインポートするかどうかを決定します。

  • インポートされるカタログ アイテムは、vSphere マシンと Amazon EC2 マシンのみです。他のマシン タイプのカタログ アイテムをインポートすることはできません。インポートした vSphere と Amazon EC2 カタログ アイテムにリソースレベルのカスタム プロパティがある場合、カスタム プロパティはカタログ申請フォームに表示されません。カスタム プロパティは表示されませんが、展開時にはデフォルトのプロパティ値が適用されます。ビジネス グループ レベルのカスタム プロパティは、インポートも適用もされません。
  • カスタム フォーム、XaaS フォーム、およびビジネス グループのカスタム プロパティを含むカタログ アイテムはインポートされません。
  • 展開中に展開をキャンセルすることはできません。プロビジョニング プロセスが完了するまで待機する必要があります。
  • これらのインポートされたカタログ アイテムを実行している各プロジェクト内で設定された申請のタイムアウトは、8.x インスタンスのクラウド テンプレートの展開時間と一致している必要があります。デフォルト タイムアウト値は 120 分です。正常に展開するには、この値では不十分な場合があります。[申請のタイムアウト] 値を変更するには、[インフラストラクチャ] > [管理] > [プロジェクト] の順に選択して、[プロビジョニング] をクリックします。
  • カタログ アイテムが展開された後は、削除とリースの変更の Day 2 アクションのみを実行できます。7.5/7.6 で他のアクションを使用できる場合でも、実行できるのはこれらの 2 つのアクションのみです。Deployment.Delete アクションと Deployment.ChangeLease アクションを実行するには、プロジェクト メンバーに資格を付与するポリシーを作成する必要があります。このポリシーは、組織レベルまたはプロジェクト レベルに配置することができます。ポリシーを使用して展開ユーザーに Service Broker の Day 2 アクションの資格を付与する方法を参照してください。
  • vRealize Automation 7.5/7.6 のリース ポリシーは評価され、適用されます。Service Broker リース ポリシーを作成すると、そのポリシーは評価され、7.5/7.6 リースよりも制限が厳しい場合は適用されます。Service Broker ポリシーの方が制限が少ない場合は、7.5/7.6 ポリシーが適用されます。リース ポリシーの詳細については、ポリシーを使用した Service Broker 展開リースの構成方法を参照してください。

前提条件

  • vRealize Automation 7.5 または 7.6 インスタンスのホスト名 URL があることを確認します。
  • インポートするカタログ アイテムに関連付けられているビジネス グループ マネージャの vRealize Automation 7.5/7.6 名と認証情報があることを確認します。ユーザーは、カタログ管理者ロールとインフラストラクチャ アーキテクト ロールを持っている必要があります。これらの認証情報は、vRealize Automation 7.5/7.6 にカタログ アイテムを展開するために使用されます。また、展開で Day 2 アクションを実行するためにも使用されます。
  • vRealize Automation 7.5/7.6 のターゲット インスタンスにサードパーティの証明書がインストールされていないことを確認します。

手順

  1. vRealize Automation 統合を構成します。
    オンプレミスの vRealize Automation 7.5 または 7.6 との統合を設定できます。
    1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [統合] の順に選択します。
    2. [統合の追加] をクリックし、[vRealize Automation] をクリックします。
    3. コンテンツ ソースの作成時にこのインスタンスを識別するための名前を入力します。
    4. vRealize Automation インスタンスの URL を入力します。
    5. [クラウド プロキシ] を選択または追加します。
    6. 7.5/7.6 インスタンスでカタログ管理者ロールとインフラストラクチャ アーキテクト ロールを持つビジネス グループ マネージャのユーザー名とパスワードを入力します。
    7. 認証情報と URL を検証するには、[検証] をクリックします。
    8. [追加] をクリックします。
  2. カタログ アイテムをインポートします。
    1. [コンテンツとポリシー] > [コンテンツ ソース] の順に選択します。
    2. [新規] をクリックし、[vRA 7.x カタログ アイテム] をクリックします。
    3. コンテンツを共有するときに識別できるように、このコンテンツ ソースの [名前] を入力します。
    4. 前の手順で設定した [ソース vRA の統合] を選択します。
    5. vRealize Automation 7.5/7.6 のカタログ アイテムで使用可能な [ソース vRA ビジネス グループ] を選択します。
      複数のビジネス グループのカタログ アイテムをインポートする場合は、そのグループに別のコンテンツ ソースを作成する必要があります。
    6. [作成してインポート] をクリックします。
  3. プロジェクトを追加して、インポートしたカタログ アイテムを Service Broker ユーザーと共有できるようにします。
    インポートしたカタログ アイテムを展開できる必要があるユーザーがプロジェクトに含まれている場合は、既存のプロジェクトを使用できます。
    1. Service Broker で、[インフラストラクチャ] > [管理] > [プロジェクト] の順に選択し、[新規プロジェクト] をクリックします。
    2. [サマリ] タブにプロジェクト情報を入力します。
    3. [ユーザー] タブをクリックしてから、[ユーザーの追加] をクリックします。
      プロジェクト ユーザーを追加するには、個人またはグループがすでにアクティブなサービスの組織ユーザーである必要があります。

      プロジェクト インフラストラクチャを構成する必要はありません。これらのカタログ アイテムの申請では、前の手順で vRealize Automation 統合の作成に使用したビジネス グループに関連付けられている 7.5/7.6 インフラストラクチャを使用します。

    4. [作成] をクリックします。
  4. インポートしたカタログ アイテムをプロジェクトと共有します。
    権限を付与する対象のユーザーは、インポートされた 7.5/7.6 カタログ アイテムを展開しますが、選択したプロジェクトのメンバーになります。
    1. [コンテンツとポリシー] > [コンテンツの共有] の順に選択します。
    2. インポートした 7.5/7.6 アイテムを展開する権限が必要なユーザーを含むプロジェクトを選択します。
    3. [アイテムの追加] をクリックしてから、プロジェクト メンバーと共有する 1 つまたは複数のカタログ アイテムを選択します。
      vRealize Automation 7.5/7.6 コンテンツ ソースからインポートされたすべてのアイテムを選択することも、ソース ツリーを展開して個々のアイテムを選択することもできます。
    4. [保存] をクリックします。
  5. 選択されたプロジェクトのメンバーがカタログ内のカタログ アイテムを使用できることを確認します。
    1. [カタログ] をクリックし、インポートしたワークフローを特定してプロジェクトを確認し、設定したプロジェクトが含まれていることを確認します。
    2. [申請] をクリックし、必要な情報を入力します。
    3. [送信] をクリックします。
    プロビジョニング プロセスが開始し、[展開] タブが開いて現在の申請内容が一番上に表示されます。
  6. プロビジョニング プロセスを監視して、カタログ アイテムが正常に実行されていることを確認します。
    vRealize Automation 7.5 または 7.6 は、アプリケーションに割り当てられたインフラストラクチャにカタログ アイテムを展開します。
    1. [展開] をクリックし、展開された申請を探します。
    2. 正常に完了するまでカードのステータスを監視します。
  7. 展開されたカタログ アイテムに対してユーザーが Day 2 アクションを実行できることを確認します。
    Day 2 アクションは、展開されたカタログ アイテムに加えることができる変更です。展開レベルのアクションには、削除とリースの変更が含まれる場合があります。vRealize Automation 7.5/7.6 インスタンスは、ターゲット システムでアクションを実行します。プロジェクト メンバーには、アクションを実行する資格が付与されている必要があります。この記事の冒頭に記載されている情報を確認します。
    1. [展開] タブをクリックして、正常に展開されたカタログ アイテムを特定します。
    2. 右側の [アクション] メニューをクリックします。
      想定されるアクションは、リースの変更と削除です。アイテムの目的に応じて、いずれかのアクションを実行します。

結果

vRealize Automation 7.5/7.6 カタログ アイテムが Service Broker にインポートされ、カタログ内で共有されます。

次のタスク

  • 展開が失敗した場合は、vRealize Automation 7.5/7.6 インスタンスのエラーのトラブルシューティングを行う必要があります。
  • 展開が存続できる期間を制御する場合は、リースを作成します。Service Brokerポリシーの設定を参照してください。
  • 申請時のユーザー入力の数を増やす、または減らすには、カスタム フォームを作成します。Service Broker アイコンと申請フォームのカスタマイズを参照してください。