クラウド管理者は、Marketplace OVA ファイルを Service Broker カタログに追加できます。

VMware Marketplace OVA のセットアップのワークフロー図

前提条件

手順

  1. Cloud Assembly で My VMware 統合を設定していない場合は、Service Broker で統合を追加できます。
    設定できる My VMware 統合は 1 つのみです。
    1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [統合] の順に選択します。
    2. [統合の追加] をクリックしてから、[My VMware] をクリックします。
    3. コンテンツ ソースの作成時にこのインスタンスを識別するための名前を入力します。
    4. My VMware の認証情報を入力し、[検証] をクリックします。
    5. [追加] をクリックします。
  2. OVA をインポートします。
    設定できる [Marketplace 仮想マシン テンプレート - OVA] コンテンツ ソースは 1 つのみです。
    1. [コンテンツとポリシー] > [コンテンツ ソース] の順に選択します。
    2. [新規] をクリックし、[Marketplace 仮想マシン テンプレート - OVA] をクリックします。
    3. このコンテンツ ソースの [名前] を入力します。
    4. テンプレートのインポートに使用する My VMware アカウントを選択し、[検証] をクリックします。
    5. [作成してインポート] をクリックします。
  3. プロジェクトがない場合は、プロジェクトを追加して、プロジェクト メンバーと OVA を共有できるようにします。
    1. Service Broker で、[インフラストラクチャ] > [管理] > [プロジェクト] の順に選択し、[新規プロジェクト] をクリックします。
    2. [サマリ] タブにプロジェクト情報を入力します。
    3. [ユーザー] タブをクリックしてから、[ユーザーの追加] をクリックします。
      プロジェクト ユーザーを追加するには、個人またはグループがすでにアクティブなサービスの組織ユーザーである必要があります。
    4. [プロビジョニング] タブをクリックし、OVA を展開できるクラウド ゾーンを選択します。
      クラウド ゾーンには、カタログ利用者が OVA を展開するときにこれをサポートするリソースが含まれている必要があります。
    5. [作成] をクリックします。
  4. インポートした OVA ファイルをプロジェクトと共有します。
    1. [コンテンツとポリシー] > [コンテンツの共有] の順に選択します。
    2. ユーザーと OVA をサポートするインフラストラクチャ リソースとを含むプロジェクトを選択します。
      プロジェクトを使用して、OVA を展開する権限をメンバーに付与し、OVA を展開できるインフラストラクチャ リソースを指定します。
    3. [アイテムの追加] をクリックしてから、プロジェクト メンバーと共有する 1 つまたは複数の OVA ファイルを選択します。
      コンテンツ ソースからインポートされたすべてのアイテムを選択することも、ソース ツリーを展開して個々のアイテムを選択することもできます。
    4. [保存] をクリックします。
  5. 選択されたプロジェクトのメンバーがカタログ内の OVA ファイルを使用できることを確認します。
    1. [カタログ] をクリックし、インポートした OVA を特定してプロジェクトを確認し、設定したプロジェクトが含まれていることを確認します。
      または、プロジェクト名に基づいてカタログをフィルタリングすることもできます。
    2. [申請] をクリックし、必要な情報を入力します。
    3. [送信] をクリックします。
    プロビジョニング プロセスが開始し、[展開] タブが開いて現在の申請内容が一番上に表示されます。
  6. プロビジョニング プロセスを監視して、OVA が正常に実行されていることを確認します
    1. [展開] をクリックし、展開された申請を探します。
    2. 正常に完了するまでカードのステータスを監視します。

結果

OVA がインポートされ、展開のために Service Broker カタログで使用できるようになります。

次のタスク