頻繁な RPO 違反があり、vSphere Replication のネットワーク使用量に関する詳細を確認する必要がある場合、または発信レプリケーションおよび受信レプリケーションのステータスを確認する場合、ソースおよびターゲットの vCenter Server サイトに関するレプリケーション統計情報を表示することができます。

特定の期間のレプリケーションの統計情報を表示できます。転送されたバイト数の統計情報には、最初の完全同期で転送されたデータは含まれません。最初の同期の完了後に転送されたデータのみが含まれます。選択した RPO 期間の終了時に、統計情報が更新される場合があります。たとえば、RPO をデフォルトの 1 時間に設定したレプリケーションを構成すると、最大 1 時間、統計情報に該当の仮想マシンの転送データが表示されない場合があります。
注: データは 10 分間隔で収集され、グラフは間隔ごとに集約されたデータを表します。このため、ピーク値が発生した正確な時間は表示されず、転送されたバイト数の統計情報にデータが表示されるまでに最大 10 分の遅延が発生することになります。表示されるデータは、すべてのサイト ペアを対象としています。
  • 転送されたバイト数 - 最初の完全同期からのデータを除く、すべての発信レプリケーションで転送された合計バイト数。
  • レプリケーション数 - 発信レプリケーションの数。
  • RPO 違反数 - RPO 違反の数。
  • ターゲット サイト数 - vSphere Replication サイト接続数。
  • VR サイト数 - 登録済みのレプリケーション サーバの数。

前提条件

vSphere Replication が実行中であることを確認します。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client にログインします。
  2. ホーム ページで [Site Recovery] をクリックして、[Site Recovery を開く] をクリックします。
  3. Site Recovery ホーム ページでサイトのペアを選択して、[詳細表示] をクリックします。
  4. [サイト ペア] タブをクリックして、[vSphere Replication のレポート] をクリックします。

結果

[レポート] ページには vSphere Replication の特定の期間の履歴データが表示されます。

次のタスク

  • レポート上のドロップダウン メニューを使用して、レポートの時間範囲を変更することができます。
  • データは拡大表示することができます。