デフォルトで Site Recovery Manager は、新しいリカバリ プランに含まれるすべての仮想マシンをリカバリ優先順位レベル 3 に設定します。仮想マシンのリカバリ優先順位は、上下させることができます。リカバリ優先順位は、仮想マシンのシャットダウンとパワーオンの順序を指定します。

仮想マシンの優先順位を変更すると、Site Recovery Manager は、この仮想マシンが含まれるすべてのリカバリ プランに新しい優先順位を適用します。

Site Recovery Manager は、設定した優先順位に従ってリカバリ サイトの仮想マシンを起動します。Site Recovery Manager は最初に優先順位 1 の仮想マシン、次に優先順位 2 の仮想マシンという順番で仮想マシンを起動します。Site Recovery Manager は、VMware Tools のハートビートを使用してリカバリ サイトで動作している仮想マシンを検出します。この方法により、Site Recovery Manager は、優先順位を与えられたすべての仮想マシンが次の優先順位を持つ仮想マシンが起動する前に実行していることを確認できます。したがって、保護対象の仮想マシンには VMware Tools をインストールする必要があります。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. [リカバリ プラン] タブを選択し、リカバリ プランをクリックして、[仮想マシン] を選択します。
  4. 仮想マシンを右クリックし、[優先グループ] を選択します。
  5. 仮想マシンの新しい優先順位を選択します。
    最高の優先順位は 1、最低の優先順位は 5 です。
  6. [はい] をクリックして、優先順位の変更を確定します。