レプリケーション設定を編集して、仮想マシン プレースホルダの作成が完了するまでの Site Recovery Manager の待ち時間を変更できます。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. 左側のペインで [構成] > [詳細設定] > [レプリケーション] をクリックします。
  4. [編集] をクリックして設定を変更します。
    オプション 操作
    計画移行中に保護サイトを無効にしている間、保護されていないレプリカ仮想マシンのチェックをスキップする。デフォルト値は false です。 スライダを移動して、値 [replication.disablePiggybackVmsCheckDuringDeactivate] を有効にします。
    注: VMware Site Recovery では、この設定はサポートされていません。
    プレースホルダ仮想マシンを作成するときの待機時間のタイムアウト値(秒単位)を変更する。デフォルト値は 300 秒です。 [replication.placeholderVmCreationTimeout] テキスト ボックスに別の値を入力します。
    ストレージ ポリシー保護グループ内の仮想マシンを定期的にポーリングしてマッピングが失われていないかを確認し、マッピングの喪失が原因でストレージ ポリシー保護グループをリカバリできなくなる可能性がある場合は、警告する。デフォルト値は false です。 スライダを移動して、値 [replication.pollForMissingInventoryMappings] を true に変更します。
    注: VMware Site Recovery では、この設定はサポートされていません。
    リカバリされた仮想マシンについて、リカバリ サイトでの仮想マシン タグの保持を有効または無効にします。デフォルト値は true です。 スライダを移動して、[replication.preserveVmTags] の値 を false に変更します。
    注: リカバリ サイトでリカバリした仮想マシンにタグを添付するには、リカバリ サイトの設定を true にする必要があります。
    整合性グループ情報がリモート サイトにレプリケートされ、そのサイトでオンライン同期が開始するまでの待機時間のタイムアウト値(秒単位)を変更する。デフォルトは 900 秒です。 [replication.protectionInfoSyncTimeout] テキスト ボックスに別の値を入力します。
    注: VMware Site Recovery では、この設定はサポートされていません。
    ストレージ ポリシー保護グループおよび失われているインベントリ マッピングをポーリングする間隔(秒)を変更する。デフォルト値は 120 秒です。 [replication.protectionPollInterval] テキストボックスに新しい値を入力します。
    注: VMware Site Recovery では、この設定はサポートされていません。
  5. [OK] をクリックして、変更内容を保存します。