vSphere Replication 保護グループのステータスが [未構成] の場合は、既存のサイト全体のインベントリ マッピングを使用して、1 つの手順ですべての未構成の仮想マシンの保護を構成できます。

Site Recovery Manager は、保護グループの作成時に、サイト全体のインベントリ マッピングを vSphere Replication 保護グループの仮想マシンに適用します。vSphere Replication 保護グループを作成するか、または vSphere Replication 保護グループに仮想マシンを追加した後にサイト全体のインベントリ マッピングを変更しても、仮想マシンは元のインベントリ マッピングで引き続きリカバリされます。新しいインベントリ マッピングを適用するには、保護グループの仮想マシンの保護を再構成する必要があります。

保護グループのステータスは、次のような理由で [未構成] になることがあります。

  • 保護グループを作成する前にサイト全体のインベントリ マッピングを構成しませんでした。
  • 保護グループを作成する前にプレースホルダ データストアのマッピングを構成しませんでした。
  • 仮想マシンを作成した後に保護グループに追加しました。
  • 仮想マシンの保護が解除されました。原因は、仮想マシンを保護グループに追加した後に再構成したためと考えられます。たとえば、仮想ディスクまたはデバイスを追加または削除した場合。

前提条件

  • サイト全体のインベントリ マッピングを構成または再構成します。インベントリ マッピングを選択するには、インベントリ マッピングの構成を参照してください。
  • プレースホルダ データストアのマッピングを構成または再構成します。プレースホルダ データストアを構成するには、プレースホルダ データストアの選択を参照してください。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. [保護グループ] タブを選択し、保護グループを選択して、右側のペインの [仮想マシン] タブをクリックします。
  4. [すべての仮想マシンの構成] アイコンをクリックします。
    [すべての仮想マシンの構成] ボタンがアクティブになるには、保護グループの少なくとも 1 つの仮想マシンが [未構成] ステータスになっている必要があります。
    • Site Recovery Manager が仮想マシンにインベントリ マッピングを正常に適用すると、保護グループのステータスは [OK] になります。
    • Site Recovery Manager がインベントリ マッピングの一部またはすべてを適用できない場合、仮想マシンのステータスは [未構成] または [マッピングがありません] になります。
    • Site Recovery Manager がインベントリ マッピングを適用しましたが、仮想マシンのプレースホルダを作成できない場合、仮想マシンのステータスは [プレースホルダ仮想マシン作成エラー] になります。
  5. (オプション) 仮想マシンのステータスが [未構成] または [マッピングがありません] の場合は、インベントリ マッピングを確認し、再度 [すべての仮想マシンの構成] をクリックします。
  6. (オプション) 仮想マシンのステータスが [プレースホルダ仮想マシン作成エラー] の場合は、プレースホルダ データストアのマッピングを確認し、プレースホルダ仮想マシンの再作成を試みます。
    • 個々の仮想マシンのプレースホルダを再作成するには、その仮想マシンを右クリックし、[プレースホルダの再作成] を選択します。
    • 複数の仮想マシンのプレースホルダを再作成するには、保護グループを右クリックし、[すべてのプレースホルダ仮想マシンのリストア] を選択します。