仮想マシンが、同じ保護グループの別の仮想マシンで実行するサービスに依存する場合は、これらの仮想マシン間の依存関係を構成できます。依存関係を構成すると、リカバリ サイトで仮想マシンを正しい順序で開始できます。依存関係は、同じ優先順位の仮想マシンでのみ有効です。

リカバリ プランを実行すると、Site Recovery Manager は、まず他の仮想マシンが依存する仮想マシンを開始してから、依存関係のある仮想マシンを開始します。Site Recovery Manager が、別の仮想マシンが依存する仮想マシンを開始できない場合、リカバリ プランは続行されますが警告が表示されます。同じリカバリ優先グループに属している仮想マシン間の依存関係のみを構成できます。優先順位の低いグループに属している仮想マシンに依存するように仮想マシンを設定すると、Site Recovery Manager は依存関係をオーバーライドし、優先順位の高いグループに属している仮想マシンを最初に開始します。

依存仮想マシンを含む保護グループをリカバリ プランから削除すると、依存関係がある仮想マシンの依存関係で、保護グループのステータスが このプランにない に設定されます。構成した仮想マシンに、その仮想マシンが依存する仮想マシンとは異なる優先順位が設定されている場合、依存仮想マシンのステータスは [低優先度] または [高優先度] に設定されます。

前提条件

  • 依存関係のある仮想マシンとその仮想マシンが依存する仮想マシンが同じリカバリ プランに設定されていることを確認します。
  • 依存関係のある仮想マシンとその仮想マシンが依存する仮想マシンが同じリカバリ優先グループに属していることを確認します。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. [リカバリ プラン] タブを選択し、リカバリ プランをクリックして、[仮想マシン] を選択します。
  4. 1 台以上の他の仮想マシンに依存する仮想マシンを右クリックして [リカバリの構成] を選択します。
  5. [仮想マシンの依存関係] を展開します。
  6. ドロップダウン メニューから [すべてを表示] を選択します。
    選択したリカバリ プランのすべての仮想マシンがリストされたダイアログが開きます。
  7. リストから 1 台以上の仮想マシンを選択し、[OK] をクリックします。
    選択した仮想マシンが、依存関係のリストに追加されます。
  8. [仮想マシンの依存関係] リストにある仮想マシンがオンになっていること、および依存関係のステータスが [OK] であることを確認します。
  9. (オプション) 依存関係を削除するには、ドロップダウン メニューから [仮想マシンの依存関係を表示] を選択し、この仮想マシンが依存する仮想マシンのリストから仮想マシンを選択し、[削除] をクリックします。
  10. [OK] をクリックします。