vSphere Replication 保護グループの仮想マシンのマッピングは個々に構成できます。この機能により、リカバリ サイトのさまざまなリソースを異なる仮想マシンで使用できます。

サイト全体のインベントリ マッピングを構成している場合でも、vSphere Replication 保護グループに含まれる仮想マシンには、個々のインベントリ マッピングを構成できます。サイト全体のインベントリ マッピングを構成している場合は、個々の仮想マシンから保護を削除し、フォルダとリソースのマッピングを構成してサイト全体のマッピングをオーバーライドできます。個々の仮想マシンのネットワークのマッピングは、保護を削除することなく変更できます。

前提条件

vSphere Replication 保護グループが作成済みです。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. [保護グループ] タブを選択し、構成する仮想マシンが含まれた保護グループを選択します。
  4. 右側のペインで、[仮想マシン] タブをクリックします。
  5. 仮想マシンを右クリックし、[保護の構成] を選択します。
  6. リソースを展開し、[サイト マッピングのオーバーライド] チェックボックスを選択し、リカバリ サイト上のリソースを選択して、インベントリ マッピングを構成します。
    変更できるのは、フォルダ、リソース プール、およびネットワークのマッピングのみです。
  7. [OK] をクリックします。
    • Site Recovery Manager が仮想マシンにインベントリ マッピングを正常に適用すると、仮想マシンのステータスは [OK] になります。
    • Site Recovery Manager がインベントリ マッピングの一部またはすべてを適用できない場合、仮想マシンのステータスは [未構成] または [マッピングがありません] になります。
    • Site Recovery Manager がインベントリ マッピングを適用してもプレースホルダ仮想マシンを作成できない場合、仮想マシンのステータスは [プレースホルダ仮想マシン作成エラー] になります。
  8. (オプション) 仮想マシンのステータスが [未構成] または [マッピングがありません] の場合は、再度 [保護の構成] をクリックし、インベントリ マッピングを確認します。
  9. (オプション) 仮想マシンのステータスが [プレースホルダ仮想マシン作成エラー] の場合は、サイト レベルでプレースホルダ データストアのマッピングを確認し、仮想マシンを右クリックし、[プレースホルダの再作成] を選択します。