仮想マシンのレプリケーションを必要としない場合、仮想マシンのレプリケーションを停止できます。

ターゲット データストアと、停止するレプリケーションの名前をメモします。この情報は、レプリケーションを停止した後、環境をクリーンアップする際に必要になります。

前提条件

vSphere Web Client または vSphere Client に、VRM 仮想マシン レプリケーション ユーザーまたは VRM 管理者ユーザーとしてログインしていることを確認します。#GUID-A73BC0B8-CA53-4E0E-91F6-17451BB4CAE8 を参照してください。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client にログインします。
  2. ホーム ページで [Site Recovery] をクリックして、[Site Recovery を開く] をクリックします。
  3. Site Recovery のホーム ページでサイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  4. [レプリケーション] タブをクリックして、[発信] または [受信] からレプリケーションを選択します。
  5. [削除] アイコンをクリックします。
    選択した仮想マシンのレプリケーションを永久に停止するかどうかを確認するメッセージが vSphere Replication に表示されます。
    注: 両方のサイトのレプリケーションを停止するには vSphere Replication サイト間の接続が機能している必要があります。または、 [レプリケーションの強制停止] を選択することでローカル サイトのレプリケーションを強制停止できます。リモート サイトが利用可能な場合は、 Site Recovery ユーザー インターフェイスを使用して、リモート サイトの対応するレプリケーションを強制停止する必要もあります。順方向レプリケーションを強制停止する場合は、リモート サイトの Site Recovery ユーザー インターフェイスを使用すればレプリケーションをリカバリできます。
  6. [削除] をクリックしてこの仮想マシンのレプリケーションを停止することを確認します。

結果

仮想マシンはターゲット サイトにレプリケートされません。

レプリケーションを停止すると、レプリケーション ターゲット サイトで次の操作が実行されます。
  • レプリケーションが最初に構成されたときに VMDK ファイルが作成されている場合、ターゲット サイトのデータストアから VMDK ファイルが削除されます。
注: レプリケーションを停止しても、 vSphere Replication はターゲット データストアのレプリカ ディレクトリを削除しません。このため、VMFS および NFS ターゲット データストア上には古いディレクトリが残されたままになり、vSAN および仮想ボリューム ターゲット データストア上には未使用のネームスペースが残されたままになります。データストア上のディレクトリおよびネームスペースの最大数は制限されているため、これらのディレクトリおよびネームスペースを手動でクリーンアップしてデータストア上のリソースを解放する必要があります。 レプリケーション停止後のターゲット データストアのクリーンアップ を参照してください。