リモート サイトの Site Recovery Manager Serverが使用可能かどうかを判断するために保護サイトのSite Recovery Manager Serverが使用するデフォルト値を変更できます。

Site Recovery Manager は、保護サイトとリカバリ サイト間の接続を監視し、接続が切断されるとアラームを出します。Site Recovery Manager が接続イベントを発生する条件や Site Recovery Manager がアラームを発生する方法を変更できます。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. 左側のペインで [構成] > [詳細設定] > [リモート サイト ステータス] をクリックします。
  4. サイトを選択し、[編集] をクリックして、設定を変更します。
    オプション 操作
    「サイト ダウン」イベントを発生する前の ping の失敗回数を変更する。デフォルト値は 5 です。 [remoteSiteStatus.drPanicDelay] テキスト ボックスに別の値を入力します。
    チェック エラーを宣言するまでに試行するリモート サイト ステータス チェック (ping) の回数を変更する。デフォルト値は 2 です。 [remoteSiteStatus.drPingFailedDelay] テキスト ボックスに別の値を入力します。
  5. [OK] をクリックして、変更内容を保存します。