最新の既知の整合性のある状態などの特定の時点 (PIT) で、仮想マシンをリカバリできます。

仮想マシンのレプリケーションを構成するときに、レプリケーションの構成ウィザードのリカバリ設定で複数の特定の時点 (MPIT) インスタンス を有効にできます。vSphere Replication は、指定されたリテンション ポリシーに基づいて、ターゲット サイトの仮想マシンのスナップショット インスタンスを一定数保持します。vSphere Replication は、最大 24 個のスナップショット インスタンスをサポートします。仮想マシンをリカバリ後、特定のスナップショットに復元できます。

レプリケーション中、vSphere Replication はターゲット サイトに、潜在的なウイルス、破損したアプリケーションを含む仮想マシンのあらゆる面をレプリケートします。仮想マシンにウイルスまたは破損が存在する状態で PIT スナップショットを保存するために vSphere Replication を構成した場合には、仮想マシンをリカバリしてから破損していない状態の仮想マシンのスナップショットに復元できます。

また、PIT インスタンスを使用して、データベースが正常であることがわかっている最後の状態にリカバリできます。

注: vSphere Replication が仮想マシンのスナップショットをレプリケートしません。
図 1. 仮想マシンの特定の時点 (PIT) へのリカバリ

仮想マシンの特定の時点 (PIT) へのリカバリ