仮想マシンの保護を開始するには、保護サイトとリカバリ サイトの両方で vCenter Server インスタンスに接続するように、Site Recovery Manager Appliance を構成する必要があります。

前提条件

Site Recovery Manager Appliance のデプロイを実行して、パワーオンします。

手順

  1. 管理者として Site Recovery Manager Appliance 管理インターフェイスにログインします。
  2. [サマリ] タブをクリックし、[アプライアンスの構成] をクリックします。
  3. [Platform Services Controller] 画面で、Site Recovery Manager Appliance をデプロイしたサイトに関する情報を入力します。
    メニュー項目 説明
    アドレス

    Site Recovery Manager の登録に使用した vCenter ServerPlatform Services Controller のホスト名(小文字)または IP アドレスを入力します。

    PSC のポート

    デフォルト値である 443 を受け入れるか、Platform Services Controller が別のポートを使用している場合は新しい値を入力します。

    Platform Services Controller は HTTPS 経由の接続のみをサポートします。

    ユーザー名

    この Platform Services Controller インスタンスが属する vCenter Single Sign-On ドメインの vCenter Single Sign-On ユーザー名を入力します。このユーザー アカウントは、Platform Services Controller インスタンスの vCenter Single Sign-On 管理者グループのメンバーであることが必要です。

    パスワード

    指定された vCenter Single Sign-On ユーザー名に対するパスワード。

  4. プロンプトが表示されたら、[接続] をクリックして、Platform Services Controller 証明書を確認します。
  5. [vCenter Server] 画面で、Site Recovery Manager Appliance を登録するための vCenter Server インスタンスを選択し、[次へ] をクリックします。
    注意: ドロップダウン メニューには、 Platform Services Controller に登録されたすべての vCenter Server インスタンスが含まれます。拡張リンク モードを使用する環境では、他の Platform Services Controller インスタンスの vCenter Server インスタンスも含まれる場合があります。正しい vCenter Server インスタンスを選択していることを確認してください。 Site Recovery Manager Appliance を構成した後は、別の vCenter Server インスタンスを選択することはできません。
  6. [名前と拡張機能] 画面で、Site Recovery ManagervCenter Server に登録するために必要な情報を入力し、デフォルトの Site Recovery Manager 拡張機能 ID を選択するか、カスタム拡張機能 ID を作成します。
    1. サイト名、管理者のメール アドレス、およびローカル ホストの IP アドレスまたは名前を入力します。
      メニュー項目 説明
      ローカル サイト名 Site Recovery Manager インターフェイスに表示されるこの Site Recovery Manager サイトの名前。デフォルトでは、vCenter Server のアドレスが使用されます。ペア内の Site Recovery Manager インスタンスごとに異なる名前を使用します。
      管理者の E メール Site Recovery Manager 管理者のメール アドレス。標準の vCenter Server アラームを使用して、Site Recovery Manager イベントの電子メール通知を構成した場合でも、この情報は必須です。
      ローカル ホスト ローカル ホストの名前または IP アドレス。IP アドレスが使用するものでない場合にのみ、値を変更します。たとえば、ローカル ホストに複数のネットワーク インターフェイスがあって、Site Recovery Manager Appliance によって検出されたものが、使用するインターフェイスでない場合などです。
      注: 使用するインフラストラクチャで IP アドレスの変更を簡単にするには、可能な限り IP アドレスではなく、完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。
    2. デフォルトの Site Recovery Manager 拡張機能 ID を選択するか、この Site Recovery Manager ペアのカスタム拡張機能 ID を作成して、[次へ] をクリックします。
      サイト ペアの両方の Site Recovery Manager インスタンスで同じ拡張機能 ID を使用する必要があります。
      メニュー項目 説明
      デフォルトの拡張機能 ID

      このオプションは、1 つの保護サイトと 1 つのリカバリ サイトを持つ標準構成で Site Recovery Manager をデプロイする場合に使用します。

      カスタム拡張機能 ID

      このオプションは、複数の保護サイトと 1 つのリカバリ サイトを持つ共有リカバリ サイト構成で Site Recovery Manager をデプロイする場合に使用します。

      カスタム拡張機能 ID の詳細を入力します。

      • 拡張機能 ID。一意の識別子。保護サイトと共有リカバリ サイトの Site Recovery Manager インスタンスに同じ識別子を割り当てます。
      • 組織。この Site Recovery Manager サイト ペアを所属させる組織の名前。特に、複数の組織が共有リカバリ サイトを使用している場合、この名前は共有リカバリ サイト構成の Site Recovery Manager ペアの識別に役立ちます。
      • 説明。Site Recovery Manager ペアに関する任意の説明。
  7. [設定内容の確認] 画面で設定内容を確認し、[終了] をクリックします。

次のタスク

VMware Site Recovery に NSX-T Edge 管理ゲートウェイのファイアウォール ルールを設定します。