VMware Site Recovery が不要になった場合は、適切な手順に従ってサービスを完全に無効にする必要があります。

VMware Site Recovery の無効化、インベントリ マッピングの作成、保護グループの作成による仮想マシンの保護、およびリカバリ プランの作成と実行により、保護サイトとリモート サイトの両方に重要な変更が加えられます。VMware Site Recovery を無効にする前に、両方のサイトから、すべての VMware Site Recovery 構成を適切な順序で削除する必要があります。VMware Site Recovery を無効にする前にすべての構成を削除しないと、プレースホルダ仮想マシンなど一部のコンポーネントがインフラストラクチャ内に残る可能性があります。

VMware Site Recovery を無効にすると、 Site Recovery ManagervSphere Replication の両方が削除されます。

手順

  1. https://vmc.vmware.comVMware Cloud on AWS コンソールにログインします。
  2. SDDC を選択し、[vCenter Server を開く] をクリックします。
  3. vSphere Client にログインします。
  4. vSphere Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  5. [Site Recovery] ホーム タブでサイトのペアを選択して、[詳細表示] をクリックします。
  6. [リカバリ プラン] タブをクリックし、リカバリ プランを右クリックして、[削除] を選択します。
    実行中のリカバリ プランは削除できません。
  7. [保護グループ] タブを選択し、保護グループをクリックして、[仮想マシン] タブを選択します。
  8. すべての仮想マシンをハイライト表示して右クリックし、[保護の削除] を選択します。
    仮想マシンから保護を削除すると、リカバリ サイトのプレースホルダの仮想マシンも削除されます。この操作をすべての保護グループに対して繰り返します。
  9. [保護グループ] タブで保護グループを右クリックし、[削除] を選択します。
    リカバリ プランに含まれている保護グループは削除できません。保護が構成されたままの仮想マシンが含まれている vSphere Replication 保護グループは削除できません。
  10. [サイト ペア] > [構成] を選択し、すべてのインベントリ マッピングを削除します。
    1. [ネットワーク マッピング][フォルダ マッピング][リソース マッピング] の各タブをクリックします。
    2. それぞれのタブで、サイトを選択し、マッピングを右クリックして、[削除] を選択します。
  11. 両方のサイトで [プレースホルダ データストア] をクリックし、プレースホルダ データストアを右クリックして、[削除] を選択します。
  12. [レプリケーション] タブをクリックして、[送信レプリケーション] および [受信レプリケーション] からすべてのレプリケーションを選択します。
  13. [削除] アイコンをクリックします。
    選択した仮想マシンのレプリケーションを永久に停止するかどうかを確認するメッセージが VMware Site Recovery に表示されます。
    注: 両方のサイトのレプリケーションを停止するには VMware Site Recovery サイト間の接続が機能している必要があります。または、 [レプリケーションの強制停止] を選択することでローカル サイトのレプリケーションを強制停止できます。リモート サイトが利用可能な場合は、 Site Recovery ユーザー インターフェイスを使用して、リモート サイトの対応するレプリケーションを強制停止する必要もあります。順方向レプリケーションを強制停止する場合は、リモート サイトの Site Recovery ユーザー インターフェイスを使用すればレプリケーションをリカバリできます。
  14. [削除] をクリックして仮想マシンのレプリケーションを停止することを確認します。
  15. [サイト ペア] > [サマリ] を選択し、[サイト ペアの解除] をクリックします。
  16. VMware Site Recovery を無効にします。
    1. https://vmc.vmware.com で VMC コンソールにログインします。
    2. SDDC をクリックし、[詳細表示] をクリックします。
    3. [Site Recovery] を選択し、[無効化] をクリックします。