Site Recovery Manager の同じバージョンをアンインストールして再インストールする場合、Site Recovery Manager のインストールを再構成するために特定のアクションを実行する必要があります。Site Recovery Manager をアンインストールして、新しいインストールを既存のデータベースに接続した際に、データベースの内容が保持されていた場合でもこれらのアクションを実行する必要があります。

以前のインストールで詳細設定を構成した場合、同じバージョンの Site Recovery Manager をアンインストールして再インストールすると、これらの詳細設定は保持されません。これは仕様です。

手順

  1. (オプション) 既存のインストールで詳細設定を構成した場合は、その詳細設定をメモしておきます。
    VMware Site Recovery プラグインの [サイト ペア] タブ [サイト ペア] > [構成] > [詳細設定] から詳細設定を構成します。
  2. データを削除することなく、Site Recovery Manager をアンインストールします。
  3. Site Recovery Manager を再インストールします。
    再インストール中、 Site Recovery Manager を以前のインストールと同じ vCenter Server インスタンスおよび同じデータベースに接続します。
  4. サイト間の接続を再構成します。
  5. 詳細設定を再構成します。