VMware Site Recovery を使用すると、複数の保護サイトの仮想マシンを同一の VMware Cloud on AWS SDDC にリカバリしたり、単一の VMware Cloud on AWS SDDC のさまざまな仮想マシン セットを複数のリカバリ サイトにリカバリしたりできます。

複数の保護サイトと 1 つの共有リカバリ サイトで VMware Site Recovery を使用することは、多対 1、ファンイン、または N:1 の構成とも呼ばれます。

1 つの共有保護サイトと複数のリカバリ サイトで VMware Site Recovery を使用することは、1 対多、ファンアウト、または 1:N の構成とも呼ばれます。

VMware Site Recovery では、多対多や N:N 構成、他の複数サイト トポロジもサポートされ、単一サイト A がリカバリ サイト B に保護され、3 つ目のサイト C のリカバリ サイトとしての役割も果たすように構成できます。

vCenter Server がサポートするデプロイ モデルのいずれでも、共有リカバリ サイトで VMware Site Recovery を使用できます。 Site Recovery ManagervCenter Server のデプロイ モデルの関係については、『Site Recovery Manager のインストールおよび構成』ガイドを参照してください。

複数サイト トポロジの動作

複数サイト トポロジでは、複数のリモート サイトを単一の共有 VMware Cloud on AWS SDDC にリカバリするか、またはそれを保護するように構成します。

各リモート サイトに Site Recovery Manager Server または VMware Site Recovery の 1 つのインスタンスをデプロイし、それぞれを異なる vCenter Server インスタンスに接続します。リモート サイトの各 Site Recovery Manager Server インスタンスのバージョン番号が同じである必要があります。たとえば、Site Recovery Manager Server 8.1.x をデプロイした場合は、以降の各 Site Recovery Manager Server のバージョンも 8.1.x にする必要があります。

共有の VMware Cloud on AWS SDDC では、複数の VMware Site Recovery インスタンスをリモート サイトの各 Site Recovery Manager Server インスタンスとペアリングするように設定します。共有の VMware Cloud on AWS SDDC にあるすべての Site Recovery Manager Server インスタンスは、単一の vCenter Server インスタンスに接続されます。ペアの Site Recovery Manager Server または Site Recovery Manager Server の各インスタンスのプラグイン ID または拡張機能 ID は同じにする必要があります。この ID は、Site Recovery Manager Server をインストールするとき、または VMware Site Recovery を有効にするときに設定できます。

Site Recovery Manager プラグイン ID またはリモート サイトで指定したカスタム拡張機能 ID は、共有の VMware Cloud on AWS SDDC でペアになっている VMware Site Recovery インスタンスのカスタム拡張機能 ID と一致する必要があります。たとえば、デフォルトの Site Recovery Manager 拡張機能 ID が指定されているサイトのペアを最初に設定し、以降はカスタム拡張機能 ID が指定されたサイトのペアをデプロイします。

注: Site Recovery Manager はポイントツーポイント レプリケーションをサポートしています。 Site Recovery Manager は、複数サイト構成の場合でも複数のターゲットに対するレプリケーションはサポートしていません。

共有リカバリ サイト構成での VMware Site Recovery の使用例

共有リカバリ サイト構成での VMware Site Recovery

以下の例では、保護サイトの Site Recovery Manager Server インスタンスを、2 つの vCenter Server インスタンスを共有する単一の Platform Services Controller インスタンスに接続しています。

共有保護サイトおよび共有リカバリ サイト構成での VMware Site Recovery

以下の例では、2 つの Site Recovery Manager Server インスタンスが 、2 つの共有保護サイトにあるそれぞれの vCenter Server インスタンスを共有しています。両共有保護サイトの vCenter Server インスタンスは単一の Platform Services Controller を共有しています。VMware Cloud on AWS のリカバリ サイトでは、2 つの VMware Site Recovery インスタンスが各共有リカバリ サイトの vCenter Server インスタンスを共有しています。両共有リカバリ サイトの vCenter Server インスタンスは単一の Platform Services Controller を共有しています。