vSphere Replication アプライアンスには vSphere Replication サーバが含まれています。ただし、ロード バランシングのニーズを満たすため、複数の vSphere Replication サーバをデプロイすることが必要になる場合もあります。

複数の vSphere Replication サーバをデプロイし、同じ vCenter Server によって管理される異なるサイト間を移動しないようにレプリケート元ホストからレプリケート先データストアへのトラフィックの経路選択を行うことができます。2 台目の管理サーバは同じ vCenter Server にデプロイすることはできません。

vSphere Replication 管理サーバおよび vSphere Replication サーバがサポートできる負荷の詳細については、https://kb.vmware.com/s/article/2102453 を参照してください。

前提条件

  • レプリケート元サイトとレプリケート先サイトに vSphere Replication アプライアンスをデプロイします。
  • レプリケート元サイトとレプリケート先サイトの vSphere Replication アプライアンスと通信することができるネットワークに、vSphere Replication サーバをデプロイします。
  • レプリケートされた仮想マシンをホストするレプリケート元サイトの vSphere Replication インスタンスと ESXi サーバが通信できることを確認します。

手順

  1. 追加の vSphere Replication サーバを展開するサイトで vSphere Client にログインします。
  2. ホーム ページで、[ホストおよびクラスタ] をクリックします。
  3. データセンター、ホスト、クラスタのいずれかを右クリックして、[OVF テンプレートのデプロイ] を選択します。
  4. 追加の vSphere Replication サーバを展開する OVF ファイルの場所を指定し、[次へ] をクリックします。
    • [URL] を選択し、URL を指定して、オンラインの URL からアプライアンスをデプロイします。
    • vSphere Replication ISO イメージをダウンロードして導入環境のシステムにマウントした場合、[ローカル ファイル] > [参照] の順に選択して ISO イメージ内の \bin ディレクトリに移動し、vSphere_Replication_AddOn_OVF10.ovf vSphere_Replication_AddOn_OVF10.certvSphere_Replication_AddOn_OVF10.mfvSphere_Replication-system.vmdk、および vSphere_Replication-support.vmdk ファイルを選択します。vSphere_Replication_OVF10.ovf ファイルを選択しないでください。
  5. 名前を受け入れ、仮想アプライアンスのターゲット フォルダまたはデータセンターを選択または検索して、[次へ] をクリックします。
    仮想アプライアンスの新しい名前を入力できます。名前は、各 vCenter Server 仮想マシンのフォルダ内で一意にする必要があります。
  6. デプロイされたテンプレートを実行するクラスタ、ホスト、またはリソース プールを選択して、[次へ] をクリックします。
  7. 仮想アプライアンスの詳細を確認し、[次へ] をクリックします。
  8. 仮想アプライアンス用のターゲット データストアおよびディスク フォーマットを選択し、[次へ] をクリックします。
    暗号化された仮想マシンを vSphere Replication でレプリケートするために、他の vSphere Replication サーバ仮想マシンを暗号化する必要はありません。
  9. ネットワークのプロパティを設定します。DHCP を選択するか、固定 IP アドレスを設定します。
    ネットワーク設定は、デプロイ後に VAMI で変更できます。
  10. アプライアンスのパスワードとして 8 文字以上を入力します。
  11. 設定を確認して、[終了] をクリックします。
  12. vSphere Replication アプライアンスをパワーオンします。

次のタスク

OVF ファイルがデプロイされたら、vSphere Replication サーバを vSphere Replication アプライアンスに登録します。