Site Recovery Manager が不要になった場合は、適切な手順に従って Site Recovery Manager を完全にアンインストールする必要があります。

Site Recovery Manager のインストール、インベントリ マッピングの作成、保護グループの作成による仮想マシンの保護、およびリカバリ プランの作成と実行により、両方の Site Recovery Manager サイトには重要な変更が加えられます。 Site Recovery Manager をアンインストールする前に、両方のサイトから、すべての Site Recovery Manager 構成を適切な順序で削除する必要があります。 Site Recovery Manager をアンインストールする前にすべての構成を削除しないと、プレースホルダ仮想マシンなどの、 Site Recovery Manager の一部のコンポーネントがインフラストラクチャ内に残る可能性があります。

Site Recovery ManagervSphere Replication と一緒に使用した場合は、 Site Recovery Manager のアンインストール後に、引き続き vSphere Replication を使用できます。

手順

  1. vSphere Client または vSphere Web Client で、[Site Recovery] > [Site Recovery を開く] の順にクリックします。
  2. Site Recovery の [ホーム] タブで、サイト ペアを選択し、[詳細表示] をクリックします。
  3. [リカバリ プラン] タブを選択し、リカバリ プランを右クリックして、[削除] を選択します。
    実行中のリカバリ プランは削除できません。
  4. [保護グループ] タブを選択し、保護グループをクリックして、[仮想マシン] タブを選択します。
  5. すべての仮想マシンをハイライト表示して右クリックし、[保護の削除] を選択します。
    仮想マシンから保護を削除すると、リカバリ サイトのプレースホルダの仮想マシンも削除されます。この操作をすべての保護グループに対して繰り返します。
  6. [保護グループ] タブで保護グループを右クリックし、[削除] を選択します。
    リカバリ プランに含まれている保護グループは削除できません。保護が構成されたままの仮想マシンが含まれている vSphere Replication 保護グループは削除できません。
  7. [サイト ペア] > [構成] を選択し、すべてのインベントリ マッピングを削除します。
    1. [ネットワーク マッピング][フォルダ マッピング][リソース マッピング] の各タブをクリックします。
    2. それぞれのタブで、サイトを選択し、マッピングを右クリックして、[削除] を選択します。
  8. 両方のサイトで [プレースホルダ データストア] をクリックし、プレースホルダ データストアを右クリックして、[削除] を選択します。
  9. [サイト ペア] > [サマリ] を選択し、[サイト ペアの解除] をクリックします。
  10. オンプレミス サイトの Site Recovery Manager Server ホストにログインします。
  11. Windows のコントロール パネルで、[Site Recovery Manager データを削除] オプションを選択して Site Recovery Manager をアンインストールします。
    Site Recovery Manager をアンインストールするまで、 Site Recovery Manager データベースはアンインストールしないでください。
  12. (オプション) 組み込みデータベースを使用した場合は、Windows のコントロール パネルを使用して、 Site Recovery Manager 組み込みデータベースをアンインストールします。